狩野芳崖と四天王

マンガか劇画みたいだな、と思った。有名な狩野芳崖の「悲母観音」や「仁王捉鬼図」を見た感想である。日本画に西洋の写実や明暗法を取り入れ、「近代日本画の父」と呼ばれる芳崖。よく見ると細かな描写や質感はすごいのだが、パッと見た印象はマンガのようだった。

六本木一丁目の泉屋博古館分館で28日まで開かれていた「狩野芳崖と四天王」を見た。狩野芳崖は、室町から江戸まで400年にわたって日本画壇の頂点にあった狩野派の画家だが、明治維新によってその地位を失ってしまう。日本画が衰退してしまうのを憂えたフェノロサと岡倉天心は、日本画に西洋絵画の技法を取り入れ、新たな日本画を作りだそうとする。その担い手として選んだのが芳崖である。

展覧会は、芳崖と「四天王」と呼ばれた弟子たち、芳崖とともに新たな日本画に取り組んだ橋本雅邦ら、そして雅邦の教えを受けた「朦朧派」と呼ばれた画家たちの作品を展示している。

目玉は芳崖の代表作「悲母観音」「不動明王」「仁王捉鬼図」の3幅がそろっていることだ。マンガのような新しさは、日本画の伝統的な技法と、西洋の写実が融合した結果だろう。「仁王捉鬼図」など、背景にシャンデリアが描き込まれている。奇妙な絵なのである。とても面白かった。

岡倉秋水の「不動明王」など、永井豪の絵のように見える。当時はどんなに斬新に見えただろうかと思う。迫力があって、新たな日本画を作り出そうとする勢いのようなものを感じた。

東寺と鳥せい

日帰りだが、京都へ出張した。早めに新幹線に乗って、京都駅から歩いて東寺へ行った。

京都へ出張するたびに、東寺を訪れる。東寺には五重塔と講堂、金堂があって、いずれも国宝だ。五重塔はふだんは中に入ることができないが、講堂と金堂を見るだけでも十分である。講堂には二十一体の仏像が安置された立体曼荼羅がある。ぎっしりと仏像が並ぶ様子は圧巻で、まさに天界が地上に再現されたように思う。金堂には巨大な薬師如来坐像と、その両脇に日光・月光菩薩が安置されている。いつ行っても、不思議と人が少ない。時には、自分一人(正確には売店のようなところにお寺の人がいるので一人ではないが)になることもある。

この日も平日なので人は少なく、外国人がほとんどだった。美術館では鑑賞の対象である仏像が、ここでは信仰の対象である。私自身にはあまり信仰心はないが、それでも仏像を見るというより、「ほとけさまに会う」という感覚になる。金堂、講堂には木の壁に少し出っ張った部分があり、椅子として使っていいのかどうか分からないが、みんなここに座ってじっくりと仏と対面している。私も金堂でそこに座って薬師如来坐像を見ているうちに、他に誰もいなくなってしまった。静寂の中で、私が仏を見ているというより、仏にじっと見つめられているような気持ちになった。つい、心の内を話してしまう。心の中で仏に話していると、ふだん、自分の心の内にはあるはずがないと思っていた言葉をそこに見つけて、ギョッとする。

仕事が終わると、京都タワーの展望室3階スカイラウンジ空-KUU-に行く。ここも京都で必ず足を運ぶ場所のひとつだ。展望室の最上階まで上らなくても、ここで酒を飲みながら京都市内を見渡せる。ブルックリンラガーを飲み、京都タワーサンドに移動。京都タワーの中で、飲食店が並ぶフードコートのような場所だ。お店で買った食べ物や酒を、フロアで共通のテーブルで飲食できる。伏見の神聖酒造がやっている焼き鳥屋、鳥せいで、焼き鳥セットたれ(正肉、葱間、つくね)、ももみ唐揚げを注文し、神聖酒造の蔵出し「原酒」を2杯飲む。原酒は優しい甘みで、後口もスーッときれる感じ。甘いけれどすっきり、淡麗だ。

ゆっくりと酒を飲むうちに、帰りの新幹線の時間が迫ってくる。だが、もうちょっと何か食べたかった。慌てて京都駅・拉麺小路の「麺屋いろは」で、富山ブラック味玉入りを食べた。これはあまり美味しくなかった。麺がまるで札幌ラーメンの麺のように黄色く縮れているのだが、食感がぼそぼそしていてよくない。スープももうちょっと複雑さがほしいところだった。

カレーと亀齢酒造のオン・ザ・ロック純米生酒

好きな映画の一つに、勝新太郎と田宮二郎が主演の「悪名」シリーズがある。勝が演じるヤクザ「八尾の朝吉」は、下戸、つまり酒が飲めない。そしてライスカレーが大好きである。シリーズの中では、朝吉がライスカレーをもの凄い勢いでかき込む姿が何度か描かれる。

下戸とカレーには、密接な関係があると思う。カレーは元々、飲酒が禁じられていたインドで生まれたものだから、酒に合うようには作られていない。つまり、朝吉は下戸でカレー好き、というより、下戸だからカレー好きなのではないか。

若い頃は一年中、酒を飲まない日はなかったが、年をとって毎日、好きなだけ飲んでいると朝がきつくなってきた。週に一日くらいは酒を抜きたいと思うようになった。そして、酒を飲まない日は、夜、カレーを食べることにした。カレーは酒に合わないので、カレーを食べれば酒を飲まずに済むという考えだ。

しかし、困ったことに、最近はカレーに合う日本酒というものまで登場してきた。広島で買った亀齢酒造のオン・ザ・ロック純米生酒も、見事にカレーに合ってしまう。精米歩合は60%、アルコール度数は生酒なので17~18度と高めだ。名前の通り、氷をたくさん入れてオン・ザ・ロックで飲んでもそれほど薄く感じない。生酒っぽいフレッシュさで、すっきりとした味は、苦みはあるが水のようにすいすいと飲めて、カレーの味を邪魔しない。博多のジローのビーフカレー(錦亭)と、豚肉や茹卵を入れたデリーのカシミールカレーと一緒に飲んだのだが、ジローのようなフルーティーで濃厚な甘めのカレーでも、カシミールのようなスパイスの強い辛口のカレーでも、合ってしまう。

カレーは最高の禁酒法だと思っていたが、酒の肴となってしまった。

映画『ウスケボーイズ』と日本ワイン

30年ほど前、国産ワインは不味かった。社会人になってすぐの頃である。ベタベタした甘さと雑味があり、外国のワインに比べると、ワインと呼べるようなものではなかった。ところが、数年前に何かのきっかけで日本ワインを飲んで、こんなに美味しくなったのか、と驚いた。

昨年、つまり2017年の10月、30年ぶりくらいに山梨県の勝沼へ行って、いくつかワイナリーを巡った。シャトー・メルシャンのテイスティングカフェで試飲した「桔梗ヶ原メルロー」は、これまで飲んだ赤ワインの中で、最も美味だった。何と深みがある味だろうと衝撃を受けた。くらむぼんワインの甲州とマスカットベイリーAは、実に洗練されていた。

いつの間に日本のワインは変わったのだろうか。その答えが、実話を映画化した『ウスケボーイズ』(10月20日公開)にある。ちなみに、「国産ワイン」と「日本ワイン」はイコールではない。日本ワインとは、国産ブドウを100%使い、国内で製造されたワイン。日本のワインとか、国産ワインと呼ばれているものは、海外から輸入したブドウや濃縮果汁を使って国内で製造したワインである。「日本ワイン」の表示が法律として施行されるのは今年の10月から。つまり、この映画は施行のタイミングで公開され、「日本ワインとは何か」という問いに対する答えにもなっている。

いつの時代の話か、映画の中では明確に示されていないが、おそらく2000年から2003年ごろの物語だろう。「ワイン友の会」のメンバーである山梨大学の大学院生たちが、日本のワインとフランスのワインをブラインドテイスティングする。30年前の私のように、当然、フランスのワインの方が遥かに美味しいと思っていた彼らは衝撃を受ける。フランスを凌ぐ日本のワインがあったからだ。それが「桔梗ヶ原メルロー」。私がシャトー・メルシャンで飲んで驚いたワインだった。彼らはこのメルローを産んだ麻井宇介に会い、そのワイン造りの思想に感銘を受ける。そして、日本の土壌では困難と言われたワイン用ブドウの栽培に取り組んでいく。渡辺大が演じる主人公は、会社を辞め、ブドウ畑を借りるところからワイン造りを始める。他にも、実家のブドウ農家で栽培を始める者や、見合いでブドウ農家の娘と結婚して始める者など様々だが、情報を共有しながら、それぞれのやり方で日本ワインを産みだしていく。麻井宇介に影響を受けた造り手たちだから、「ウスケボーイズ」。彼らが日本のワインを変えたのである。

麻井宇介はペンネームで、本名は浅井昭吾。シャトー・メルシャンの工場長やワイン事業部長だった人物だ。長野県の桔梗ヶ原で生食用のブドウをワイン用のメルローへ植え替え、桔梗ヶ原メルローを産んだ。2002年に死去しており、その場面は映画にも出てくる。映画には、シャトー・メルシャンやくらむぼんワインなど、昨年、私が巡った場所も登場する。

くらむぼんワインにお伺いした時、社長の野沢たかひこさんに話を聞いた。4代目社長の野沢さんはフランスでワイン造りを学び、甘口から辛口へ、それまで自社で造っていたワインを大きく変えた。同じ世代の造り手たちで情報交換しながら新たなワイン造りに取り組んだと話していた。映画の中の若者たちと同じだった。まるで、野沢さんの話が映画になったようだ。野沢さんが言っていた「日本の気候風土をワインで表現したい」という言葉も、浅井宇介の思想を受け継いでいるように思った。ただ、野沢さんは映画に登場するウスケボーイズではない。モデルになっているのは、山梨県北杜市のボー・ペイサージュ、長野県塩尻市のKidoワイナリー、長野県小布施市の小布施ワイナリーを経営している3人である。これらのワイナリーは人気があり過ぎて今もワインを入手しにくいが、映画が公開されるとさらに入手困難になるかもしれない。

映画に登場する造り手たち以外にも、日本全国で同じように新たなワイン造りに取り組んだ若者たちがいたのだろう。それは、日本酒の世界も同じだ。人類史上最高と思われる今の日本酒の品質も、これまでの日本酒造りを変えようとした若者たちによって生まれたのだと思う。

私がよく飲む日本ワインは、山形県の蔵王ウッディファーム&ワイナリーのメルローである。山形にお住まいのボタニカルアートの画家、杉崎紀世彦さんと文子さん夫妻に送ってもらい、実に美味しかったので、その後、メルローを飲み続けている。桔梗ヶ丘メルローのように高価ではない。日本のワインは美味しくないと思う人には、このメルローをぜひ、飲んでみて欲しい。

 

 

 

 

開館40周年ひろしま美術館展2018

広島に、こんなにあったのかと驚いた。ひろしま美術館が所蔵するアート作品を一堂に展示した「開館40周年まるごとひろしま美術館展2018」を見た時の感想である。広島と愛媛を旅行した際に訪れた。展覧会はすでに終わってしまったが、西洋絵画、日本洋画、日本画がたっぷりと鑑賞できた。

ドラクロワ、ミレー、コロー、クールベ、マネ、モネ、ルノワール、ルソー、セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャン、ムンク、マティス、ピカソ、ユトリロなど西洋近代絵画、横山大観、上村松園、福田平八郎、平山郁夫らの日本画、青木繁、藤島武二、坂本繁二郎、岸田劉生、熊谷守一らの日本近代洋画。全部で200枚。とても見切れない。その量に圧倒された。

それを上野の美術館のように並んだり、人の頭越しだったりではなく、ゆっくりと見ることができる。地方の美術館の醍醐味である。土曜日だったので、それなりに人は入っていたのだろうが、他人を邪魔に感じることが全くなかった。平日なら、どんなにすいているだろうと思った。

上野は話題の美術展が一年中、開かれているが、人が多すぎてなかなかじっくり見ることができない。フェルメール展も見たいが、日時指定入場制で、それにもかかわらず入館に1時間ほど並ばされると聞いて、どうも腰が重くなってしまう。

ひろしま美術館展で残念なのは、旅先なので時間がなかったことだ。2時間ほどかけたが、とてもじっくり見たという気はしなかった。ただ、原爆ドームや平和祈念資料館も見たいし、昼食も食べたいとなると、あまりここで時間を費やしていられない。広島に住んでいたら、通いたいくらいであった。

もっとも、上野の国立西洋美術館の常設展も素晴らしく、しかも金曜、土曜の午後5時以降は無料である。企画展はやたらと混んでいるのに、常設展はいつもすいている(時々、外国人で混んでいる)。金曜の夕方になると行きたいと思うのだが、何かしら用事が出来て、なかなか行くことができない。

広島・愛媛旅行⑨

10月1日。8日目で、これで旅行も終わり。台風が過ぎて、宮島は前日が嘘のように観光客でにぎわっている。ホテルをチェックアウトし、宮島ロープウエーで弥山に登る。三鬼堂、消えずの火がある霊火堂、本堂などを見て、展望台に上る。山頂からの景色は大パノラマだった。弥山は、舟岩、疥癬岩、鯨岩、くぐり岩などの奇岩の宝庫。なかなか面白い。

弥山を歩いて喉が渇く。宮島の商店街にクラフトビールの店があったので入ってみた。MIYAJIMA BREWERYで、海の見えるテラス席がとても気持ちいい。お試し3種スタンダードを飲む。もみじエール、ペールエール、ピルスナーの3種類だが、もみじのような赤い色のもみじエールが、飲みやすいけれどコクもあって、とても美味しかった。相方はSUMMER IPAを飲む。これも少し味見をしたが、すっきりとして夏らしいビールだった。

五重塔を見て、町屋通りや商店街を歩く。参道は人が溢れていて、ほとんどが外国人。前日とは別世界だった。午後4時ごろに島を出て、空港へ。広島空港のフードコートのような場所でまたも飲む。「おんどや」でビールと鶏唐揚げもも、がんす。「がんす」とは、魚のすり身に野菜などを混ぜて揚げたもので、広島の郷土食らしい。しっかしと味がついていて、酒の肴には最高だ。そして、尾道ラーメンひろで、餃子と尾道ラーメン。酒は、「ひろ」で買った千福生鮮麗無比(三宅本店)と賀茂鶴純米。千福は、三宅本店の酒。まろやかで黒糖の味があうる。苦みのある後味で、酸味はなく、薄いレモン水のような柑橘系の味だった。そして賀茂鶴純米。アルコール度数14~15度。精米歩合65%。日本酒度+4で、これも柑橘類のレモンのような味。辛口で余韻は短い。すっきりした酒である。春秋航空で成田へ向かうが、酒を買いすぎたせいで荷物の重量が超過し、追加料金1500円をとられる。

広島・愛媛旅行⑧

9月30日、旅行の7日目。台風が来ていたので、広島から早めに宮島へ向かう。宮島へのフェリーは、午前中は何とか運航されていた。レンタカーは港の駐車場に止めて、午前10時すぎ、雨の宮島へ。ホテル宮島別荘にスーツケースを預け、宮島を散策する。観光客はほとんどいない。ふだんは賑やかだという参道の店もほぼ閉まっている。鹿もあまりいない。以前、宮島へ来た時には、鹿がもっとたくさんいて、人から餌をもらっていた。ところが、いつからか、宮島では鹿への餌やりが禁止されていた。鹿は大丈夫なのだろうか。

厳島神社を訪れる。結婚式をやっていた。台風なので観光客はほとんどいない。貸し切り状態でむしろゆっくりと見ることができて、よかったかもしれない。昼食をとろうと思ったが、やっている店がほとんどない。選択肢はなく、営業していた数少ないお店のひとつである牡蠣屋という牡蠣専門店へ。特選牡蠣フライ、特選焼牡蠣、かきめしを食べ、昼から酒。龍灯純米大吟醸300ミリリットルミニボトルを飲んだ。メロンの香りに、レモン味。さわやかで、柑橘系。牡蠣にはとても合う。精米歩合50%、日本酒度+5、酸度1・7、アルコール度数15度。酒米は広島県産千本錦だった。

飲んでいるうちにフェリーはなくなる。その後、宮島別荘へ。まだチェックインまでは時間があったので、宮島水族館へ行く。当然ながら台風なのでお客さんは少なく、こちらもゆっくりと楽しめた。

宿泊先の宮島別荘はリゾート仕様の部屋で気分も上がる。大浴場に入り、バーでビールを飲む。夕食はビュッフェ形式で、酒も飲み放題。ビールを飲み、白ワイン、赤ワインを飲み、さらに日本酒を飲んだ。日本酒は中国酒造の弥山純米だったと思う。

広島・愛媛旅行⑦

9月29日、旅行の6日目。ホテルをチェックアウトしてすぐ、前日は閉まっていた賀茂泉酒造の酒泉館に行く。ここは有料で賀茂泉の日本酒を試飲できる。

まず、ここでしか味わえないという、超プレミアム大吟醸。フレッシュなリンゴの香りにリンゴの蜜のような上品な甘み。実にきれいで、余韻がいつまでも続く。まったく雑味がないのに驚く。次に、幻の酒壺No.178。純米酒で生原酒である。酒米は広島県産山田錦。精米歩合65%、アルコール度数18・6度。酵母は熊本酵母KA-1。日本酒度-0・4、酸度1・8。酸味が強く、雑味もある。焦げた餅のような感じの味だ。

純米吟醸永年古酒1997SACHIは15年古酒。苦み、甘味のバランスがとれていて、焼いた砂糖や、醤油、みたらし団子のたれのような濃厚な味。朱泉本仕込はやや甘酸で、栗のような香り。トロっとした甘みに酸味もあある。

もう少し飲みたかったが、まだ午前中だし、相方に車の運転を頼んでいて、自分ばかり飲んでいては悪いので、このあたりでやめておく。幻の酒壺を500ミリリットルで買う。

雨の中を広島まで異動し、ひろしま美術館で、開館40周年まるごとひろしま美術館展2018を鑑賞。午後3時ごろに遅い昼食をとる。中華そばちから八丁堀店で、煮玉子中華そば(こく味)。一風堂とコラボしたラーメンは、関西風でスープは甘め。こく味は背脂が入っていて、その甘みが懐かしい味だった。その後、原爆ドーム、広島平和記念資料館を訪れる。

夜はあなご飯を食べに「月あかり」というあな店へ。お通しから、焼茄子と穴子の胡麻酢和え、穴子の玉子豆腐、穴子の押寿司と穴子尽くし。鯛の酒盗和え、燻製の盛り合わせ(穴子、鶏、ベーコン、赤卵)、穴子の御造り。最後の穴子めしまで、どれも美味しかった。ここでも酒を飲む。瓶ビールからスタート。神雷山廃純米秋あがりは、雑味が少なく、アタックがやわらかい。あっさりとした甘みが和三盆のような上品さ。黒糖のような味もする。蓬莱鶴-奏-純米吟醸(白島)は、フルーティーな香り。米の甘みがあり、酸味は少なく後味すっきり、苦みもある。雨後の月純米吟醸月あかりラベルは、辛口。ヨーグルトの酸味や米の甘みを感じる。後味の苦みは薄く、すっきりと飲めた。

広島・愛媛旅行⑥

9月28日、旅行5日目。この日は今回の旅行で最も晴れた。真心デイズというお好み焼き店で早めの昼食をとる。生ビールと府中焼きを注文。府中焼きは肉の代わりに挽肉が入っていて、パリッと香ばしく焼いていて、とても美味しかった。店主によると、府中市では不思議とこれが普通のお好み焼きらしい。

西条の酒造を巡る。最初の加茂泉酒造はチラッと見ただけ。試飲ができる酒泉館は土日のみの営業で閉まっていた。福美人酒造は有料の試飲をする。蔵内限定の福美人しずく酒大吟醸があまりに美味しく、高いけれどつい買ってしまった。大吟醸らしい、香り高くすっきりと雑味のない見事な酒だった。

賀茂鶴酒造では酒造りのビデオを見た後に試飲。ここはどんどん試飲を勧めてくれるので、バンバン飲む。昨年できたという新しい酒米、広島錦を、今は頒布されていない協会5号酵母で醸した醸造元限定純米吟醸五を買う。

亀齢酒造でも試飲。ここは甘口が多い広島では珍しい辛口だと聞いていたが、その通りで、試飲したいくつかの酒もわりとすっきりとしている。結局、試飲をしなかった「オン・ザ・ロック」と、醸華町うどんという、小麦粉と水に日本酒を加えて練ったうどんを買う。

西條鶴醸造では2種類を試したが、美味しかった生酒は冷蔵しなければいけないということで購入を断念。ここまででかなり酔っぱらってしまい、午後1時ごろ、いったんホテルに戻って昼寝する。1時間後、ホテルを出る。

白牡丹酒造は購入者のみ試飲ができるということで、酒造の人を呼び出さなければならず、何となく呼び出しづらくて試飲できなかった。

酒の神様を祭った松尾神社に行ってお参りし、山陽鶴へ。ここでも有料試飲。「とりあえずTAZ」を買う。

夕食は賀茂鶴が経営する仏蘭西屋で。美酒鍋かフランス料理か、さんざん迷って、フランス料理を予約した。メニューは、1人3800円のコース。夏野菜のテリーヌ。安納芋のポタージュスープ生麩入り。鯛のポワレグラタン仕立て。2種のパン。峠下牛のパイ・おたふくソース。酒粕プリンのバニラジェラート乗せ。薔薇のアイスクリーム。酒は、まず賀茂鶴純米生囲いを飲み、さらに特別本醸造蔵出し原酒を頼んだ。酒造会社のレストランだけに、日本酒に合う和モダンフレンチで、和の出汁を料理に使っているという。確かに、テリーヌなどはあっさりとしているし、生麩などもあまり洋食には使われないかもしれない。牛肉のパイのソースにおたふくソースを使うなど、洋食ではあるが和のテイストで、加茂鶴の生囲いも、蔵出し原酒も違和感がなかった。

これだけ飲んだのに、ホテルでまた赤ワインを飲んでしまった。西条には飲むために訪れたのだから仕方ない。

広島・愛媛旅行⑤

9月27日、旅行の4日目は朝、最古の温泉とされる道後温泉に行く。国の重要文化財にもなっている本館の建物はさすがに風格がある。1階の神の湯に入った。男湯は2か所あったが、ほぼ同じ造り。円柱形の湯釜は雰囲気があるが、洗い場などはちゃんとシャワーもあって、地元の人には風呂として普通に使われているようだ。無味無臭であまり温泉らしくない温泉だが、やはり体は温まる。旅館で朝食を済ませてから、さらに宿の部屋の温泉に入り、チェックアウト。内子へ向かう。

内子では、内子座、商いと暮らし博物館(内子町歴史民俗資料館)、木蝋資料館上芳我邸を見学。壁が黄色い昔の町並みを歩く。「内子晴れ」というゲストハウスで生ビールを飲み、しまなみ海道を渡って西条へ。ホテルグランカーサにチェックインする。

夜は割烹しんすけで名物の美酒鍋を食べようと思っていたが、満席だった。ホテルの近くにあった希味という店に入ってみる。高級感溢れるお店で、個室に通される。お通しが豪華だった。茄子の煮凝り、胡麻豆腐、玉蜀黍の道明寺揚げ、枝豆、焼麩がセットになっている。平目、天然真鯛、北海雲丹、サーモン、びんちょう鮪、水蛸の刺し身、広島赤鶏黒胡椒焼、梅水晶を肴に飲む。

まずは賀茂泉の純米吟醸あらばしり生酒。ヨーグルト、サワークリームのような味。もちのような味でもある。まろやかでやさしい。雑味がなく、最後に苦みがある。白牡丹の生酒純米吟醸300ミリは、香りはなく、上品な甘み。すっきり、きれい系で雑味はない。精米歩合60%、アルコール度数15~16度。亀齢の辛口純米八拾は、精米歩合が80%という意味だろう。焼いた餅のような香りがするパワフルな酒。濃醇。酸味あり。旨味がぐいぐい来る。最後に、西條鶴の生酛純米醸華天成を燗で。アルコールと、パンの木みたいな香りがした。パワフルで、甘くて酸味がある。パンみたいな味もする。だが苦みはなく、きれいだ。

酒を飲み過ぎるとラーメンが食べたくなり、あおぞうという店で、葱そばを食べる。鶏がらであっさりしているが、スープが甘くてとても美味しかった。