『肉体の悪魔』と1905年のポマール

DVDでクロード・オータン=ララの『肉体の悪魔』を見た。ジェラール・フィリップが有名になった、1947年のモノクロのフランス映画だ。この作品には、赤ワインを巡る印象的な場面がある。

舞台は1917年、第一次世界大戦が終わろうとしているフランス。17歳の高校生、フランソワは、高校に臨時に設けられた病院の新人看護婦マルトに恋をする。マルトは年上で、軍人の婚約者もいたが、フランソワは諦めない。強引に言い寄って、2人でレストランに入る。そこで、1905年のポマールを注文する。

ポマールはブルゴーニュの村の名前であり、ブルゴーニュを代表する赤ワインの名前である。ブルゴーニュなので、ピノ・ノワール。1905年の赤ワインは17年時点では、12年ほど熟成されている。それほど安くはないと思われる。もちろん、高校生のフランソワには金がないので、マルトが払ったのだろう。

マルトはワインがコルク臭いとフランソワにウソを言い、分からないのかと挑発する。フランソワはそれがウソであることを感じつつ、ソムリエに文句を言う。ソムリエは自分で飲んでみて、さらに同僚にも飲ませて、問題はないと主張するが、フランソワは納得しない。

ワインがコルク臭くなる現象はブショネといい、高級ワインの1割近くに起こるという。だが、よほど自信がないとクレームはつけにくいだろう。結局、ソムリエは認めなかったが、支配人が出てきてワインを替えるように指示して決着する。

この場面はなかなかよく考えられている。自分の感覚というのは、他人とは絶対に共有できない。マルトはその共有できない感覚をフランソワに共有するよう、強要したのである。しかも、ウソの感覚だ。それをフランソワは、ウソと知りつつ、あえて受け入れる。それはエロティックなゲームであり、2人だけの秘密でもある。この映画のテーマである不倫の恋とも結びつき、2人が関係を深めるきっかけとしては、とてもうまい。

その後、2人はいったんは別れ、マルトは軍人と結婚する。だが、再会した2人は肉体関係を持ってしまい、やがてマルトは妊娠してしまう。17歳の少年と年上の既婚者の肉体関係は、今では犯罪になりかねないが、映画は2人の恋と肉欲を美しく、官能的に描く。戦時下という特殊な状況で、年下の男の身勝手さに苦しみながら別れられない女性を、シュリーヌ・プレールが繊細に演じている。

2人が初めて肉体関係を持つ場面に出て来る、グロッグという酒も印象的だ。フランソワはマルトの家まで、雨の中をずぶ濡れになってやって来る。マルトはフランソワの冷えた身体を温めるため、グロッグを作る。ラム酒をお湯で割り、レモンや角砂糖を入れて、シナモンスティックなどを添えたホット・カクテルだ。「グロッキー」の語源は、このグロッグで酩酊した人のことだという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です