オチャガビアのシャルドネとマトゥアのピノ・ノワール

今回はチリのシャルドネと、ニュージーランドのピノ・ノワールを飲んだ。シャルドネは、オチャガビア 1851 レゼルヴァ 2015、ピノ・ノワールはマトゥア ランド・アンド・レジェンド 2015である。

 

 

 

白い料理には白ワイン、赤い料理には赤ワインという、佐藤洋美先生の教えを守り、まず、ポテトのクリームグラタン、三色野菜のフロマージュテリーヌ、本ずわいがにのシーフードサラダという白い料理には、シャルドネを合わせる。香りはマンゴーやパイナップル。おだやかな酸味があり、後口にやや苦み。この苦みは柑橘系の苦みだろうか。ミネラル感もあった。マヨネーズ味のシーフードサラダと合わせるとパイナップルのような甘味を強く感じ、ポテトのクリームグラタンと合わせると苦みが出てくる。これは面白い。合わせる食べ物によって、ワインの味が変わっていく。

牛ほほ肉のシチューには赤ワインを合わせる。ピノ・ノワールは甘いイチゴの香り。シルキーな舌触りに、甘く濃厚なイチゴの味がする。そして徐々に若干の渋みを感じるようになる。これは樽の風味なのか。

もちろん、細かいところまでは分からないが、ピノ・ノワールやシャルドネ、ソーヴィニヨン・ブランの特徴的な味は、何となく分かるような気がしてきた。ただ飲んでいるだけでは分からない香りや味が分かってくる。やはりワインの初心者講座を受けて良かったと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です