カフェ風の蕎麦屋で鯨波と小野桜ふかもり

夏の谷中を午後4時ごろ、2人で歩いていた。昼も食べていないし、何か食べて、酒も飲みたい。かなり早めだが夕食にしたい。そう思ったが、当然ながら、そんな時間に開いている居酒屋はない。うだるような暑さの中、谷中銀座から千駄木まで歩いて、さらに根津まで歩いたが、どの店も午後5時半以降のオープンだった。そして歩き続けて、ついにカフェ風の店構えだが、開いている蕎麦屋を見つけた。店名は「カワイ」。店の前のメニューを見ると、日本酒もあるし、一通りの蕎麦屋のつまみも書いてある。

午後4時半ごろの入店。当然、他の客はいない。店内は外観と同じく、蕎麦屋というより、カフェである。まずは生ビール。喉が渇いていたので、実にうまい。クリームチーズの醤油漬け本わさび添えと、炙り鴨の生ハム焼き葱のマリネ添えを注文する。クリームチーズは自家製のかえしに漬けてあり、焼き葱はバルサミコドレッシングでマリネしてある。上品にひと工夫してある。

日本酒は2種類しか置いていない。鯨波純米吟醸と、小野桜ふかもり特別純米生酒。どちらも岐阜県中津川市の酒である。

鯨波は恵那醸造。ひだほまれ100%で、精米歩合は大吟醸と同じ50%まで磨いている。アルコール度数は16~17度とやや高め。香りはフルーティー。米の甘みと旨味を感じるが、キレもある。酸味は少なめだ。小野桜は山内酒造場。精米歩合55%、アルコール度数15~16%。こちらはあっさり、爽やかで飲みやすい。米の旨味もあるが、後味はすっきりとしている。

2人でそれぞれ2合ずつ飲んだ。一升瓶からとっくりになみなみと入れてくれる。さらに焼き味噌、蕎麦豆腐を頼んだ。焼き味噌は葱や蕎麦米、くるみが練り込んであり、何とも香ばしい。蕎麦豆腐も蕎麦の実の食感が美味しかった。〆は鴨つけせいろ蕎麦と、つけとろせいろ蕎麦。もうかなり酔っていたが、蕎麦の味と香りがきちんとして、実に美味しかった。

まだ陽の高いうちからこれほどレベルの高い酒と肴が楽しめるのは、本当に貴重な店だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です