夏のホラー特集①「金剛宗家の能面と能装束」

子供の頃から怖いものが好きで、映画もホラー映画がジャンルとしては最も好きである。夏はホラーの季節。ふだんは能楽など見ないのに、三越前の三井記念美術館で開かれている「金剛宗家の能面と能装束」に行ったのも、怖いものを見たかったからだ。

能には現在能という生きている人間しか出てこない物語もあるが、ほとんどは夢幻能である。夢幻能は超自然的な存在の物語で、あの世から出てきた亡霊や、この世のものではない神仏、鬼、妖怪らが登場する。

能面は、その「あの世」の存在を表現するために作られている。名人たちが作り上げた能面は、「あの世」の空気を濃密に纏っている。

昔は今よりも、死がはるかに身近だった。江戸時代までは川に死体が浮かんでいるのが当たり前だったというし、家族や友人が死ぬのを直接見ることもよくあっただろう。今は死は病院などに隔離され、見えにくくなっている。

宗教的な感覚も今とは違っていただろう。昔の人々は、死んだ人々をどのように身近に感じていたのか。その答えの一つが、この能面の数々だと思う。

会場には、金剛流に伝わる能面を中心に、名人たちが表現する「あの世の顔」が並んでいた。じっと見ていると、本当に目の前にあの世の存在が現れたような感覚になって、とても怖い。怖いだけでなく、あの世の幽玄さや神仏の品格までが、見事に表現されている。龍右衛門作の「雪の小面」「花の小面」、「増女」など、じっと見ていると、面がこちらを見返してくる。魅入られてしまいそうになる。

般若などの鬼の面も恐ろしい。ユーモラスな翁の面はほっとする。一つひとつの面に、心を揺さぶられる。能楽に全く興味がなくても、怪奇や恐怖を愛する人々は、ぜひ見るべきだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です