夏のホラー特集②「全生庵の幽霊画」

毎年夏になると、谷中の全生庵へ幽霊画を見に行く。

全生庵では、怪談の名手として有名な落語家・三遊亭円朝が集めた幽霊画を所蔵しており、夏に公開している。円朝は幕末から明治にかけて活躍し、足のないはずの幽霊がカラン、コロンと下駄の音を響かせてやってくる「怪談牡丹燈籠」で有名だ。

もう十数年前から通っていて、展示されている幽霊画もほぼ同じだが、見ないと落ち着かないし、見るたびに自分の中では発見がある。

今年も公開が終了するぎりぎりで間に合った。幽霊画は掛け軸で33幅がお堂に並んでいる。お客さんは5、6人しかいなかったので、ゆっくりと見ることができる。

お堂には大きなエアコンが設置してある。暑いのでかなり強力に運転されており、ゴーゴーと大きな音をたてている。それと、お客さんたちが歩くたびに、木の床がきしんでギュウギュウと音をたてる。皆、無言で見ているので、音はそれだけだ。

その音が、幽霊画に合わせて、いろいろに変化をするのが面白い。例えば、滝の中から幽霊が現れる画を見ていると、エアコンのゴーゴーという音が瀑布の轟音に聞こえてくる。柳が風に吹かれる画では、それが風の音となる。痩せさばらえた遊女が階段の途中で振り向く画では、お客さんが歩いて床がきしむ音が、遊女が階段を上っていく足音のように聞こえる。音のないはずの画から、確かに音がする。とても怖い。

だが一番怖いのは、音が消えてしまうことだ。鏑木清方が「お菊さん」を描いた画がある。お菊さんというと、番長皿屋敷の「1枚、2枚」と皿を数える幽霊であるが、ここに描かれたお菊さんは、虐待された女性の象徴的な存在であるという。着物姿の女性が茶をささげ持つ画だが、女性は俯いていて、顔が見えない。見えないのが怖い。顔を想像してしまう。それに、なぜかこの幽霊画は、全体が輝いて見える。見ているうちに、画からお菊さんが出て来るような気がしてくる。気づくと、エアコンの音も、お客さんの足音も、すべての音が消えてしまっていた。意識が音を離れてしまったのだ。あの世の静寂である。

全生庵の近くには、「イリアス」という雑貨屋がある。ここでは毎年、天野行雄さんというアーティストが、妖怪をテーマに作った様々なグッズを展示販売する「日本物怪観光のお化け物産展」が開かれる。今年の新作は、オバケロボだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です