天山大吟醸「飛天山」

佐賀県小城市にふるさと納税をして、返礼品として天山酒造から1年間、日本酒を送ってもらっている。天山酒造は七田で有名だが、七田以外の酒も旨い。

この「天山大吟醸飛天山」もそうだ。山田錦を100%使い、精米歩合は35%。それだけでもう美味しいのはわかるが、大吟醸ではあるけれど、きれいな酒というよりは、米の力強さが前に出ている。酸味もしっかりして、ふくよかさもある。大吟醸は普通は薫酒だが、むしろ醇酒に近く、薫酒のよさもある酒だと思う。

日本酒度は+3、酸度は1・5。仕込み水は天山山系の伏流水だ。この伏流水が中硬水で、米の甘味がグッと出ながらも、一種の辛さを出しているのかもしれない。酵母は何かわからないけれど、精米歩合35%というのは、YK35に合わせているのかも。

この日は石鯛の刺身、蒟蒻の刺身、鶏唐揚げ、豆酪で飲んだ。刺身や唐揚げにはスダチをかけて、夏らしく柑橘系の味と合わせてみた。「飛天山」ほどの旨味と酸味があれば、もっと濃厚な味の食べ物にも合うだろう。

きれいなだけではない力強さを感じさせる、実に贅沢な酒である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です