岩の井純米吟醸「雄町」特別限定

きれいに仕上がる山田錦に比べ、雄町はふくよかで複雑な味になるといわれている。個人的にも、「優しい」というよりは、「力強い」というイメージがあった。だが、この「岩の井純米大吟醸雄町特別限定」の雄町は、実に優しい味で、驚いた。千葉県御宿町の岩瀬酒造。精米歩合は50%。山廃仕込みで、アルコール度数は16度。

まず、口当たりが信じられないほど柔らかい。シルクのようだった。そして、雄町らしいふくよかさと旨味、酸味が広がり、最後にキレ。雄町の特徴であるふくよかさや複雑と、優しさや上品さが共存している。私が飲んだ雄町の中では、今のところ、最高の味だと思う。

岩瀬酒造は濃醇で酸のきいた酒が得意らしいので、このように優しい味は純米吟醸ならではの特別な味なのだろう。柏高島屋で試飲販売会があって、あまりの美味しさに衝撃を受け、すぐに購入した。

一緒に食べたのは、豚ばら肉の柚子胡椒、湯豆腐、そうめん。湯豆腐やそうめんはポン酢。柑橘系の酸っぱい味は、この「雄町」の優しさや複雑さと合ったかどうか分からないが、酒は進んだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です