広島、愛媛旅行①

遅い夏休みをとって、9月24日から広島、愛媛を旅行した。初日は竹原とウサギの島として知られる大久野島へ行った。

竹原といえば、有名な竹鶴酒造や「龍勢」の藤井酒造がある。古い町並みを巡り、「ほり川」でビールとともに、生地に酒粕が入った広島焼き「たけはら焼き」を食べ、藤井酒造の酒蔵交流館を見学する。いろんな酒が並んでいたが、旅行は7泊8日。まだ初日なので、「宝寿純米酒生一本」の300ミリリットル瓶だけを買う。

忠海港から大久野島へ船で渡り、休暇村大久野島へ。雨が降り始め、大久野島にはウサギがあまりいない。休暇村は夕食、朝食ともバイキング形式だが、竹原の藤井酒造と中尾醸造の酒を置いていた。純米飲み比べセットは、藤井酒造の宝寿三人文殊特別純米と、中尾酒造の誠鏡忠海純米。三人文殊は米の旨味が強く、パワフル。後口は辛口で、余韻が短くスパッと切れる。忠海は新千本を使っている。シルキーで上品な甘さで、まろやか。その後、大吟醸酒を2種類飲む。誠鏡まぼろし大吟醸は、米の旨味はあるが大吟醸だけにきれいな酒だった。やや酸味もあり、黒糖や和三盆のような味。宝寿黒ラベル純米大吟醸は、見た目もやや黄色がかっていて、パワフル。酸味もあり、旨味が強い。

夜になると、昼間とは違ってウサギがたくさん出てきた。餌をやりに行ったが、酒に酔っていたので、あまり覚えていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です