映画『ウスケボーイズ』と日本ワイン

30年ほど前、国産ワインは不味かった。社会人になってすぐの頃である。ベタベタした甘さと雑味があり、外国のワインに比べると、ワインと呼べるようなものではなかった。ところが、数年前に何かのきっかけで日本ワインを飲んで、こんなに美味しくなったのか、と驚いた。

昨年、つまり2017年の10月、30年ぶりくらいに山梨県の勝沼へ行って、いくつかワイナリーを巡った。シャトー・メルシャンのテイスティングカフェで試飲した「桔梗ヶ原メルロー」は、これまで飲んだ赤ワインの中で、最も美味だった。何と深みがある味だろうと衝撃を受けた。くらむぼんワインの甲州とマスカットベイリーAは、実に洗練されていた。

いつの間に日本のワインは変わったのだろうか。その答えが、実話を映画化した『ウスケボーイズ』(10月20日公開)にある。ちなみに、「国産ワイン」と「日本ワイン」はイコールではない。日本ワインとは、国産ブドウを100%使い、国内で製造されたワイン。日本のワインとか、国産ワインと呼ばれているものは、海外から輸入したブドウや濃縮果汁を使って国内で製造したワインである。「日本ワイン」の表示が法律として施行されるのは今年の10月から。つまり、この映画は施行のタイミングで公開され、「日本ワインとは何か」という問いに対する答えにもなっている。

いつの時代の話か、映画の中では明確に示されていないが、おそらく2000年から2003年ごろの物語だろう。「ワイン友の会」のメンバーである山梨大学の大学院生たちが、日本のワインとフランスのワインをブラインドテイスティングする。30年前の私のように、当然、フランスのワインの方が遥かに美味しいと思っていた彼らは衝撃を受ける。フランスを凌ぐ日本のワインがあったからだ。それが「桔梗ヶ原メルロー」。私がシャトー・メルシャンで飲んで驚いたワインだった。彼らはこのメルローを産んだ麻井宇介に会い、そのワイン造りの思想に感銘を受ける。そして、日本の土壌では困難と言われたワイン用ブドウの栽培に取り組んでいく。渡辺大が演じる主人公は、会社を辞め、ブドウ畑を借りるところからワイン造りを始める。他にも、実家のブドウ農家で栽培を始める者や、見合いでブドウ農家の娘と結婚して始める者など様々だが、情報を共有しながら、それぞれのやり方で日本ワインを産みだしていく。麻井宇介に影響を受けた造り手たちだから、「ウスケボーイズ」。彼らが日本のワインを変えたのである。

麻井宇介はペンネームで、本名は浅井昭吾。シャトー・メルシャンの工場長やワイン事業部長だった人物だ。長野県の桔梗ヶ原で生食用のブドウをワイン用のメルローへ植え替え、桔梗ヶ原メルローを産んだ。2002年に死去しており、その場面は映画にも出てくる。映画には、シャトー・メルシャンやくらむぼんワインなど、昨年、私が巡った場所も登場する。

くらむぼんワインにお伺いした時、社長の野沢たかひこさんに話を聞いた。4代目社長の野沢さんはフランスでワイン造りを学び、甘口から辛口へ、それまで自社で造っていたワインを大きく変えた。同じ世代の造り手たちで情報交換しながら新たなワイン造りに取り組んだと話していた。映画の中の若者たちと同じだった。まるで、野沢さんの話が映画になったようだ。野沢さんが言っていた「日本の気候風土をワインで表現したい」という言葉も、浅井宇介の思想を受け継いでいるように思った。ただ、野沢さんは映画に登場するウスケボーイズではない。モデルになっているのは、山梨県北杜市のボー・ペイサージュ、長野県塩尻市のKidoワイナリー、長野県小布施市の小布施ワイナリーを経営している3人である。これらのワイナリーは人気があり過ぎて今もワインを入手しにくいが、映画が公開されるとさらに入手困難になるかもしれない。

映画に登場する造り手たち以外にも、日本全国で同じように新たなワイン造りに取り組んだ若者たちがいたのだろう。それは、日本酒の世界も同じだ。人類史上最高と思われる今の日本酒の品質も、これまでの日本酒造りを変えようとした若者たちによって生まれたのだと思う。

私がよく飲む日本ワインは、山形県の蔵王ウッディファーム&ワイナリーのメルローである。山形にお住まいのボタニカルアートの画家、杉崎紀世彦さんと文子さん夫妻に送ってもらい、実に美味しかったので、その後、メルローを飲み続けている。桔梗ヶ丘メルローのように高価ではない。日本のワインは美味しくないと思う人には、このメルローをぜひ、飲んでみて欲しい。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です