GI白山の萬歳楽「劔」

 

GI(Giographical Indication)とは、日本では2014年にできたばかりの地理的表示保護制度だ。原産地呼称と言ってもいい。海外には以前からあり、例えばフランスの「ボルドー」や「ブルゴーニュ」などもGIである。日本で初めて清酒のGIに指定されたのが石川県白山市の「白山」という(その後、県では山形県が清酒のGIに指定されている)。

萬歳楽「劔」山廃純米のボトルには、GI HAKUSANの文字が誇らしく描かれている。五百万石100%、アルコール分16度、精米歩合68%。石川県白山市にある小堀酒造店の日本酒だ。精米歩合が高めなのは、五百万石が心白が大きいので削りにくいからだろうか。「劔」は五百万石の良さがよく表現された酒だと思う。すっきりした上立ち香。米の甘味も旨味もあり、キレもある。そして、白山の清水が心に浮かぶ。

白山の伏流水はカルシウムが多く、カリウムが少ないため、発酵が穏やかになり、米の溶解が促されることで旨味が引き出されるのだという。

ワインは山梨、というような連想でいえば、酒は灘や伏見、西条であろう。伏見や灘ではなく、なぜ白山が原産地呼称なのだろうか。GIには原料や製法についていろんな規定があり、大手の酒造会社が多く、パック酒などの安価な酒も造っている灘や伏見では、その規定を設置しずらいのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です