狩野芳崖と四天王

マンガか劇画みたいだな、と思った。有名な狩野芳崖の「悲母観音」や「仁王捉鬼図」を見た感想である。日本画に西洋の写実や明暗法を取り入れ、「近代日本画の父」と呼ばれる芳崖。よく見ると細かな描写や質感はすごいのだが、パッと見た印象はマンガのようだった。

六本木一丁目の泉屋博古館分館で28日まで開かれていた「狩野芳崖と四天王」を見た。狩野芳崖は、室町から江戸まで400年にわたって日本画壇の頂点にあった狩野派の画家だが、明治維新によってその地位を失ってしまう。日本画が衰退してしまうのを憂えたフェノロサと岡倉天心は、日本画に西洋絵画の技法を取り入れ、新たな日本画を作りだそうとする。その担い手として選んだのが芳崖である。

展覧会は、芳崖と「四天王」と呼ばれた弟子たち、芳崖とともに新たな日本画に取り組んだ橋本雅邦ら、そして雅邦の教えを受けた「朦朧派」と呼ばれた画家たちの作品を展示している。

目玉は芳崖の代表作「悲母観音」「不動明王」「仁王捉鬼図」の3幅がそろっていることだ。マンガのような新しさは、日本画の伝統的な技法と、西洋の写実が融合した結果だろう。「仁王捉鬼図」など、背景にシャンデリアが描き込まれている。奇妙な絵なのである。とても面白かった。

岡倉秋水の「不動明王」など、永井豪の絵のように見える。当時はどんなに斬新に見えただろうかと思う。迫力があって、新たな日本画を作り出そうとする勢いのようなものを感じた。