東寺と鳥せい

日帰りだが、京都へ出張した。早めに新幹線に乗って、京都駅から歩いて東寺へ行った。

京都へ出張するたびに、東寺を訪れる。東寺には五重塔と講堂、金堂があって、いずれも国宝だ。五重塔はふだんは中に入ることができないが、講堂と金堂を見るだけでも十分である。講堂には二十一体の仏像が安置された立体曼荼羅がある。ぎっしりと仏像が並ぶ様子は圧巻で、まさに天界が地上に再現されたように思う。金堂には巨大な薬師如来坐像と、その両脇に日光・月光菩薩が安置されている。いつ行っても、不思議と人が少ない。時には、自分一人(正確には売店のようなところにお寺の人がいるので一人ではないが)になることもある。

この日も平日なので人は少なく、外国人がほとんどだった。美術館では鑑賞の対象である仏像が、ここでは信仰の対象である。私自身にはあまり信仰心はないが、それでも仏像を見るというより、「ほとけさまに会う」という感覚になる。金堂、講堂には木の壁に少し出っ張った部分があり、椅子として使っていいのかどうか分からないが、みんなここに座ってじっくりと仏と対面している。私も金堂でそこに座って薬師如来坐像を見ているうちに、他に誰もいなくなってしまった。静寂の中で、私が仏を見ているというより、仏にじっと見つめられているような気持ちになった。つい、心の内を話してしまう。心の中で仏に話していると、ふだん、自分の心の内にはあるはずがないと思っていた言葉をそこに見つけて、ギョッとする。

仕事が終わると、京都タワーの展望室3階スカイラウンジ空-KUU-に行く。ここも京都で必ず足を運ぶ場所のひとつだ。展望室の最上階まで上らなくても、ここで酒を飲みながら京都市内を見渡せる。ブルックリンラガーを飲み、京都タワーサンドに移動。京都タワーの中で、飲食店が並ぶフードコートのような場所だ。お店で買った食べ物や酒を、フロアで共通のテーブルで飲食できる。伏見の神聖酒造がやっている焼き鳥屋、鳥せいで、焼き鳥セットたれ(正肉、葱間、つくね)、ももみ唐揚げを注文し、神聖酒造の蔵出し「原酒」を2杯飲む。原酒は優しい甘みで、後口もスーッときれる感じ。甘いけれどすっきり、淡麗だ。

ゆっくりと酒を飲むうちに、帰りの新幹線の時間が迫ってくる。だが、もうちょっと何か食べたかった。慌てて京都駅・拉麺小路の「麺屋いろは」で、富山ブラック味玉入りを食べた。これはあまり美味しくなかった。麺がまるで札幌ラーメンの麺のように黄色く縮れているのだが、食感がぼそぼそしていてよくない。スープももうちょっと複雑さがほしいところだった。

広島・愛媛旅行⑨

10月1日。8日目で、これで旅行も終わり。台風が過ぎて、宮島は前日が嘘のように観光客でにぎわっている。ホテルをチェックアウトし、宮島ロープウエーで弥山に登る。三鬼堂、消えずの火がある霊火堂、本堂などを見て、展望台に上る。山頂からの景色は大パノラマだった。弥山は、舟岩、疥癬岩、鯨岩、くぐり岩などの奇岩の宝庫。なかなか面白い。

弥山を歩いて喉が渇く。宮島の商店街にクラフトビールの店があったので入ってみた。MIYAJIMA BREWERYで、海の見えるテラス席がとても気持ちいい。お試し3種スタンダードを飲む。もみじエール、ペールエール、ピルスナーの3種類だが、もみじのような赤い色のもみじエールが、飲みやすいけれどコクもあって、とても美味しかった。相方はSUMMER IPAを飲む。これも少し味見をしたが、すっきりとして夏らしいビールだった。

五重塔を見て、町屋通りや商店街を歩く。参道は人が溢れていて、ほとんどが外国人。前日とは別世界だった。午後4時ごろに島を出て、空港へ。広島空港のフードコートのような場所でまたも飲む。「おんどや」でビールと鶏唐揚げもも、がんす。「がんす」とは、魚のすり身に野菜などを混ぜて揚げたもので、広島の郷土食らしい。しっかしと味がついていて、酒の肴には最高だ。そして、尾道ラーメンひろで、餃子と尾道ラーメン。酒は、「ひろ」で買った千福生鮮麗無比(三宅本店)と賀茂鶴純米。千福は、三宅本店の酒。まろやかで黒糖の味があうる。苦みのある後味で、酸味はなく、薄いレモン水のような柑橘系の味だった。そして賀茂鶴純米。アルコール度数14~15度。精米歩合65%。日本酒度+4で、これも柑橘類のレモンのような味。辛口で余韻は短い。すっきりした酒である。春秋航空で成田へ向かうが、酒を買いすぎたせいで荷物の重量が超過し、追加料金1500円をとられる。

広島・愛媛旅行⑧

9月30日、旅行の7日目。台風が来ていたので、広島から早めに宮島へ向かう。宮島へのフェリーは、午前中は何とか運航されていた。レンタカーは港の駐車場に止めて、午前10時すぎ、雨の宮島へ。ホテル宮島別荘にスーツケースを預け、宮島を散策する。観光客はほとんどいない。ふだんは賑やかだという参道の店もほぼ閉まっている。鹿もあまりいない。以前、宮島へ来た時には、鹿がもっとたくさんいて、人から餌をもらっていた。ところが、いつからか、宮島では鹿への餌やりが禁止されていた。鹿は大丈夫なのだろうか。

厳島神社を訪れる。結婚式をやっていた。台風なので観光客はほとんどいない。貸し切り状態でむしろゆっくりと見ることができて、よかったかもしれない。昼食をとろうと思ったが、やっている店がほとんどない。選択肢はなく、営業していた数少ないお店のひとつである牡蠣屋という牡蠣専門店へ。特選牡蠣フライ、特選焼牡蠣、かきめしを食べ、昼から酒。龍灯純米大吟醸300ミリリットルミニボトルを飲んだ。メロンの香りに、レモン味。さわやかで、柑橘系。牡蠣にはとても合う。精米歩合50%、日本酒度+5、酸度1・7、アルコール度数15度。酒米は広島県産千本錦だった。

飲んでいるうちにフェリーはなくなる。その後、宮島別荘へ。まだチェックインまでは時間があったので、宮島水族館へ行く。当然ながら台風なのでお客さんは少なく、こちらもゆっくりと楽しめた。

宿泊先の宮島別荘はリゾート仕様の部屋で気分も上がる。大浴場に入り、バーでビールを飲む。夕食はビュッフェ形式で、酒も飲み放題。ビールを飲み、白ワイン、赤ワインを飲み、さらに日本酒を飲んだ。日本酒は中国酒造の弥山純米だったと思う。

広島・愛媛旅行⑦

9月29日、旅行の6日目。ホテルをチェックアウトしてすぐ、前日は閉まっていた賀茂泉酒造の酒泉館に行く。ここは有料で賀茂泉の日本酒を試飲できる。

まず、ここでしか味わえないという、超プレミアム大吟醸。フレッシュなリンゴの香りにリンゴの蜜のような上品な甘み。実にきれいで、余韻がいつまでも続く。まったく雑味がないのに驚く。次に、幻の酒壺No.178。純米酒で生原酒である。酒米は広島県産山田錦。精米歩合65%、アルコール度数18・6度。酵母は熊本酵母KA-1。日本酒度-0・4、酸度1・8。酸味が強く、雑味もある。焦げた餅のような感じの味だ。

純米吟醸永年古酒1997SACHIは15年古酒。苦み、甘味のバランスがとれていて、焼いた砂糖や、醤油、みたらし団子のたれのような濃厚な味。朱泉本仕込はやや甘酸で、栗のような香り。トロっとした甘みに酸味もあある。

もう少し飲みたかったが、まだ午前中だし、相方に車の運転を頼んでいて、自分ばかり飲んでいては悪いので、このあたりでやめておく。幻の酒壺を500ミリリットルで買う。

雨の中を広島まで異動し、ひろしま美術館で、開館40周年まるごとひろしま美術館展2018を鑑賞。午後3時ごろに遅い昼食をとる。中華そばちから八丁堀店で、煮玉子中華そば(こく味)。一風堂とコラボしたラーメンは、関西風でスープは甘め。こく味は背脂が入っていて、その甘みが懐かしい味だった。その後、原爆ドーム、広島平和記念資料館を訪れる。

夜はあなご飯を食べに「月あかり」というあな店へ。お通しから、焼茄子と穴子の胡麻酢和え、穴子の玉子豆腐、穴子の押寿司と穴子尽くし。鯛の酒盗和え、燻製の盛り合わせ(穴子、鶏、ベーコン、赤卵)、穴子の御造り。最後の穴子めしまで、どれも美味しかった。ここでも酒を飲む。瓶ビールからスタート。神雷山廃純米秋あがりは、雑味が少なく、アタックがやわらかい。あっさりとした甘みが和三盆のような上品さ。黒糖のような味もする。蓬莱鶴-奏-純米吟醸(白島)は、フルーティーな香り。米の甘みがあり、酸味は少なく後味すっきり、苦みもある。雨後の月純米吟醸月あかりラベルは、辛口。ヨーグルトの酸味や米の甘みを感じる。後味の苦みは薄く、すっきりと飲めた。

広島・愛媛旅行⑥

9月28日、旅行5日目。この日は今回の旅行で最も晴れた。真心デイズというお好み焼き店で早めの昼食をとる。生ビールと府中焼きを注文。府中焼きは肉の代わりに挽肉が入っていて、パリッと香ばしく焼いていて、とても美味しかった。店主によると、府中市では不思議とこれが普通のお好み焼きらしい。

西条の酒造を巡る。最初の加茂泉酒造はチラッと見ただけ。試飲ができる酒泉館は土日のみの営業で閉まっていた。福美人酒造は有料の試飲をする。蔵内限定の福美人しずく酒大吟醸があまりに美味しく、高いけれどつい買ってしまった。大吟醸らしい、香り高くすっきりと雑味のない見事な酒だった。

賀茂鶴酒造では酒造りのビデオを見た後に試飲。ここはどんどん試飲を勧めてくれるので、バンバン飲む。昨年できたという新しい酒米、広島錦を、今は頒布されていない協会5号酵母で醸した醸造元限定純米吟醸五を買う。

亀齢酒造でも試飲。ここは甘口が多い広島では珍しい辛口だと聞いていたが、その通りで、試飲したいくつかの酒もわりとすっきりとしている。結局、試飲をしなかった「オン・ザ・ロック」と、醸華町うどんという、小麦粉と水に日本酒を加えて練ったうどんを買う。

西條鶴醸造では2種類を試したが、美味しかった生酒は冷蔵しなければいけないということで購入を断念。ここまででかなり酔っぱらってしまい、午後1時ごろ、いったんホテルに戻って昼寝する。1時間後、ホテルを出る。

白牡丹酒造は購入者のみ試飲ができるということで、酒造の人を呼び出さなければならず、何となく呼び出しづらくて試飲できなかった。

酒の神様を祭った松尾神社に行ってお参りし、山陽鶴へ。ここでも有料試飲。「とりあえずTAZ」を買う。

夕食は賀茂鶴が経営する仏蘭西屋で。美酒鍋かフランス料理か、さんざん迷って、フランス料理を予約した。メニューは、1人3800円のコース。夏野菜のテリーヌ。安納芋のポタージュスープ生麩入り。鯛のポワレグラタン仕立て。2種のパン。峠下牛のパイ・おたふくソース。酒粕プリンのバニラジェラート乗せ。薔薇のアイスクリーム。酒は、まず賀茂鶴純米生囲いを飲み、さらに特別本醸造蔵出し原酒を頼んだ。酒造会社のレストランだけに、日本酒に合う和モダンフレンチで、和の出汁を料理に使っているという。確かに、テリーヌなどはあっさりとしているし、生麩などもあまり洋食には使われないかもしれない。牛肉のパイのソースにおたふくソースを使うなど、洋食ではあるが和のテイストで、加茂鶴の生囲いも、蔵出し原酒も違和感がなかった。

これだけ飲んだのに、ホテルでまた赤ワインを飲んでしまった。西条には飲むために訪れたのだから仕方ない。

広島・愛媛旅行⑤

9月27日、旅行の4日目は朝、最古の温泉とされる道後温泉に行く。国の重要文化財にもなっている本館の建物はさすがに風格がある。1階の神の湯に入った。男湯は2か所あったが、ほぼ同じ造り。円柱形の湯釜は雰囲気があるが、洗い場などはちゃんとシャワーもあって、地元の人には風呂として普通に使われているようだ。無味無臭であまり温泉らしくない温泉だが、やはり体は温まる。旅館で朝食を済ませてから、さらに宿の部屋の温泉に入り、チェックアウト。内子へ向かう。

内子では、内子座、商いと暮らし博物館(内子町歴史民俗資料館)、木蝋資料館上芳我邸を見学。壁が黄色い昔の町並みを歩く。「内子晴れ」というゲストハウスで生ビールを飲み、しまなみ海道を渡って西条へ。ホテルグランカーサにチェックインする。

夜は割烹しんすけで名物の美酒鍋を食べようと思っていたが、満席だった。ホテルの近くにあった希味という店に入ってみる。高級感溢れるお店で、個室に通される。お通しが豪華だった。茄子の煮凝り、胡麻豆腐、玉蜀黍の道明寺揚げ、枝豆、焼麩がセットになっている。平目、天然真鯛、北海雲丹、サーモン、びんちょう鮪、水蛸の刺し身、広島赤鶏黒胡椒焼、梅水晶を肴に飲む。

まずは賀茂泉の純米吟醸あらばしり生酒。ヨーグルト、サワークリームのような味。もちのような味でもある。まろやかでやさしい。雑味がなく、最後に苦みがある。白牡丹の生酒純米吟醸300ミリは、香りはなく、上品な甘み。すっきり、きれい系で雑味はない。精米歩合60%、アルコール度数15~16度。亀齢の辛口純米八拾は、精米歩合が80%という意味だろう。焼いた餅のような香りがするパワフルな酒。濃醇。酸味あり。旨味がぐいぐい来る。最後に、西條鶴の生酛純米醸華天成を燗で。アルコールと、パンの木みたいな香りがした。パワフルで、甘くて酸味がある。パンみたいな味もする。だが苦みはなく、きれいだ。

酒を飲み過ぎるとラーメンが食べたくなり、あおぞうという店で、葱そばを食べる。鶏がらであっさりしているが、スープが甘くてとても美味しかった。

広島・愛媛旅行④

9月26日、旅行の3日目である。ホテルをチェックアウトして、おのみち映画資料館へ。尾道は大林宣彦のイメージだが、展示されていたのは小津安二郎の略歴などだった。新藤兼人のコーナーまであったが、不思議に大林はなし。著作権問題か。市制100周年を記念して作られたと思われる映像作品が上映されていたが、これは大林風の作品だった。その後、村上海軍の展示があると聞いていたおのみち歴史博物館へ行くが、驚くほど貧相な展示内容で見るべきものはなかった。昼食は、商店街のラーメン店で再び尾道ラーメンを食べる。名前も忘れてしまったが、朱華園より美味しいと思った。

その後、しまなみ海道を通って今治、松山へ。リフトに乗って松山城の天守閣を見に行った後、CHAHARU離れ 道後夢蔵にチェックイン。部屋に道後温泉と同じ湯が出る温泉が付いているお洒落な宿。部屋のインテリアが月のデザインで統一された4階の月庵に泊まる。

夕食はCHAHARUで。どの料理も美味しかったが、伊予牛ロースステーキの焼き具合が素晴らしかった。珈琲のソースも変わっている。最後の日向飯も美味だった。

酒は、島田酒造の小富士超辛口。超辛口といいながら、甘味もしっかりとして、キレがあって雑味がなくすっきりしていた。水口酒造の300ミリリットル瓶、道後蔵酒純米吟醸は、フレッシュなバナナのような香り。すっきりとフルーティーできれいな味。余韻もある。精米歩合は60%、アルコール度数15~16度である。最後に國酒禊。色がうっすらと黄色がかっていて、粘度もある。柑橘類の香り。レモンだろうか。後味にもレモンのような苦みがる。ただし、これも雑味はない。

これだけ飲んで、夜中にまた酒を飲んでしまう。

広島、愛媛旅行②

9月25日、旅行の2日目、大久野島。朝はウサギも活発で、餌を欲しがって何匹も押しかけてくる。あっという間に餌がなくなってしまった。大久野島はウサギの島であるが、戦時中は毒ガスを作っていたため、地図にも載っていなかった島でもある。大久野島毒ガス資料館には、島の暗黒の歴史が展示されていた。

レンタカーで尾道へ移動する。ロープウェーで千光寺に上り、展望台、千光寺、文学の道、三重塔などを見て、猫の細道を下りる。下ってから、再び千光寺への階段を、今度は別ルートで上る。さらに別ルートを探し、よく映画に出てくる道を見つけたが、工事中でがっかりした。

その後、商店街を歩いて尾道ガウディハウスを見に行く。木造の奇妙な建物だった。歩き疲れて、島ごころSETODA尾道長江店でレモンビールを飲む。レモン味のビールは爽やかな味だった。変わった味のビールにあまり美味しいものはないが、これは美味しかった。ただ、1000円近い値段は高すぎる。それほどの価値はない。

午後4時ごろ、朱華園で中華そばを食べる。常に行列が出来る尾道ラーメンの有名店だが、さすがにこの時間帯は空いている。尾道ラーメンは平打ちの細麺が弱弱しい感じで、スープは鶏ガラの味が前に出ていて、チキンラーメンのようだった。昔のラーメンはこういう味だったのだろう。

 

マルキ水産で杜氏鑑、加茂鶴、吉野杉の樽酒

北柏にある「マルキ水産」で杜氏館、加茂鶴、吉野杉の樽酒を飲んだ。

ここは6月にオープンした店で、刺身、串カツ、鮨が食べられる。近所なので時々行く。店内はファミリーレストランみたいな感じで、ひとつひとつの席が離れているし、注文はタッチパネルのタブレットなので、一人でも周囲を気にせずゆっくりとできる。

まずはザ・プレミアムモルツの生ビールを飲、串カツは鶉、豚バラ、笹身、鱚、牡蠣。平目刺身と鮭の焼きハラスも食べた。

杜氏鑑は徳利で出てきた。灘の白鶴酒造の酒で、山田錦を100%使っているが、アルコール添加の普通酒である。精米歩合は70%、日本酒度+2、酸度1・4、アルコール度15~16%。やや黄色がかった色で、米の甘味や旨味、酸味、いろんな味があって複雑。コクもある。ピリピリとしたアルコールの刺激と辛みも感じた。アルコール添加の普通酒は好まれない向きもあるが、どんな料理にも合う酒である。

西条の加茂鶴酒造の加茂鶴純米吟醸は、広島の酒らしい濃醇さ。精米歩合は55%、日本酒度+4、酸度1・8、アルコール度数16度。香りはあまり感じなかったが、薄いレモンの香りだろうか。米の旨味と酸味が濃厚だった。

奈良の長龍酒造の吉野杉の樽酒は、かなり個性が強い。精米歩合70%、日本酒度は0、酸度は1・2、アルコール度数は15~16度である。「樹齢約80年の吉野杉甲付樽に肌添え」させているという。甲付とは、杉の外側が白く内側が赤い部分を使った樽のことらしい。肌添えとは初めて聞く言葉だが、樽に入れて熟成させることなのだろう。長龍酒造は1964年に日本で初めて、瓶詰の樽酒を発売したという。杉の香り、樽の味がはっきりと感じられる。コクと苦みもあって、キレもいい。

〆にはすぐ隣のラーメン店「のじじR」で煮干中華そば(ノーマル)を食べた。マルキ水産で酒を飲み、のじじRで〆のラーメンを食べるというのを、一度、やってみたかった。「カニ歩き」である。のじじRは柏・我孫子地区で最高のラーメン店だと思う。煮干中華そばは煮干しの味の強さでイージー、ノーマル、ハード、エクストラハードなどとあるが、私はノーマルが好きだ。

「ゐまる」にて不動の吊るし、W、日高見など

柏の「ゐまる」は人に知られたくない店だ。いい酒が揃っていて、料理も美味しい。最後に赤酢の酢飯の鮨を食べて、それほど高くない。柏には「まる酒(しゅ)」という日本酒居酒屋もあり、こちらもいい日本酒を揃えている。柏の「まる」は素晴らしい。

久しぶりに2人で「ゐまる」に行った。カウンターとテーブルがあるが、カウンターだとメニューにはない美味しいお酒をご主人に教えてもらえるので、カウンターに座る。

まずはサッポロラガーの瓶ビール。お通しは鰺の梅肉紫蘇巻きだった。「新さんまの骨まで食べられるスーパー塩焼き肝ソース」は、身の部分は塩焼きで、さんまの顔や骨の部分はカリっと揚げてあって、本当に全部、食べられる。そのままでも香ばしくて実に旨いが、肝ソースをつけると濃厚な魚の旨味が味わえる。こんなさんまは食べたことがない。秋かますの炙り刺身梅肉添えは、かますの生臭さはまったくなく、刺身の新鮮さも残っている。炙りの香ばしさもあって、これも美味しい。なめ茸と焼き油揚げは混ぜて食べると濃い味で、酒肴としては最高だ。いぶりがっことクリームチーズの塩昆布和えは、クリームチーズと塩昆布、いぶりがっこという組み合わせが見事。最後に鮨。本日のいいとこどり7貫は、イクラご飯、雲丹、中トロ、〆鯖、平目、赤貝、トロたたきだったと思う。酔ってしまったので赤貝、トロたたきのあたりはあやふやだ。鮨はどれも醤油を付けずにいただく。小ぶりで、一口で食べられるのがいい。赤酢の酢飯がネタの味と相まって、実に美味しい。ひとつひとつの料理や鮨に工夫があり、感動があった。

酒は半合ずつ頼める。まずはメニューにあるものから。新潟市の越後亀鶴(越後鶴亀)はメロンのような香りと味。とてもきれいな酒。「エチゴビール」はここの商品らしい。千葉の不動つるししぼり純米大吟醸(鍋店)は乳酸の柔らかい酸味と旨味が広がる。余韻が長い。飛騨・古川のW生原酒純米(渡辺酒造店)は甘味と余韻が特徴的でエレガント。石巻の日高見助六江戸桜純米大吟醸(平孝酒造)は甘めだがあっさりとしている。助六江戸桜はカジュアルな日本酒を目指して作ったそうだが、なるほどと思った。「上きげん」で有名な加賀の鹿野酒造が造った益荒男山廃純米極熟成原酒にはウイスキーのようなコクがあった。熟成感はもちろん、苦みも深みもある。

そしてご主人のお勧めで燗酒を2種類。岐阜県・中島醸造の小左衛門山廃純米酒は焼いたパンのような香り。まろやかな乳酸の酸味と旨味があってとてもふくよか。百十郎も岐阜の酒だ。蔵元林本店である。かなり酸味あって、これも乳酸系だろうか。これからの季節は燗もいい。