オチャガビアのシャルドネとマトゥアのピノ・ノワール

今回はチリのシャルドネと、ニュージーランドのピノ・ノワールを飲んだ。シャルドネは、オチャガビア 1851 レゼルヴァ 2015、ピノ・ノワールはマトゥア ランド・アンド・レジェンド 2015である。

 

 

 

白い料理には白ワイン、赤い料理には赤ワインという、佐藤洋美先生の教えを守り、まず、ポテトのクリームグラタン、三色野菜のフロマージュテリーヌ、本ずわいがにのシーフードサラダという白い料理には、シャルドネを合わせる。香りはマンゴーやパイナップル。おだやかな酸味があり、後口にやや苦み。この苦みは柑橘系の苦みだろうか。ミネラル感もあった。マヨネーズ味のシーフードサラダと合わせるとパイナップルのような甘味を強く感じ、ポテトのクリームグラタンと合わせると苦みが出てくる。これは面白い。合わせる食べ物によって、ワインの味が変わっていく。

牛ほほ肉のシチューには赤ワインを合わせる。ピノ・ノワールは甘いイチゴの香り。シルキーな舌触りに、甘く濃厚なイチゴの味がする。そして徐々に若干の渋みを感じるようになる。これは樽の風味なのか。

もちろん、細かいところまでは分からないが、ピノ・ノワールやシャルドネ、ソーヴィニヨン・ブランの特徴的な味は、何となく分かるような気がしてきた。ただ飲んでいるだけでは分からない香りや味が分かってくる。やはりワインの初心者講座を受けて良かったと思った。

マトゥア ランド・アンド・レジェンド・シャルドネ

佐藤洋美先生のワイン入門講座で、ソーヴィニヨン・ブランとシャルドネの特徴について教えてもらった。ソーヴィニヨン・ブランについては干し草の香りやグレープフルーツのような味がよく分かったので、今度はシャルドネを飲んでみた。

マトゥア ランド・アンド・レジェンド・シャルドネ2015は、ニュージーランドの白ワインである。 ハンドピッキング(手摘み)。フレンチオーク樽で、9か月間熟成されている。

色は薄い黄緑色。グレープフルーツ、青りんごのような香りだが、空気と触れると樽香が前に出てくる。最初にかすかに花の蜜のような甘味を感じるが、シルキーな舌触りとともに、レモンやグレープフルーツのようなシャープな酸味、ミネラル感があり、後味にオーク香と苦み。苦みといっても、雑味のような厭な味ではない。全体的には複雑だが爽やかで、実に美味しい。

シャルドネは、涼しいところは酸味がシャープで柑橘系の香りがし、ミネラル感があり、温暖なところではまろやかでトロピカルフルーツのような香りがすると習った。マトゥアはニュージーランドなので温暖なところだと思うが、味や香りは「涼しいところ」の特徴に近い。樽熟成のものはバニラやナッツの味がすると聞いたが、そういわれればそんな気もしてくる。柑橘系の酸味ばかりを意識していたが、よく味わうと、確かにナッツみたいな風味や、クリーミーな感じもしてくる。やはり言葉を習うと、味に対する感覚も違ってくるようだ。オーク香と苦みが、ナッツの風味やクリーミーな感じに変換されたのかもしれない。

ワインと一緒に食べたのは、四元豚のシルキーポークのハーブロースト、白身魚のカニクリーム包み黄金焼き、サンドウィッチ2種(オムレツタマゴ、サーモントラウト&クリームチーズ柚子風味)、クルミとクリームチーズのポテトサラダ。池袋西武の惣菜売り場で買ったが、一番美味しかったのはポテトサラダだった。