映画『ウスケボーイズ』と日本ワイン

30年ほど前、国産ワインは不味かった。社会人になってすぐの頃である。ベタベタした甘さと雑味があり、外国のワインに比べると、ワインと呼べるようなものではなかった。ところが、数年前に何かのきっかけで日本ワインを飲んで、こんなに美味しくなったのか、と驚いた。

昨年、つまり2017年の10月、30年ぶりくらいに山梨県の勝沼へ行って、いくつかワイナリーを巡った。シャトー・メルシャンのテイスティングカフェで試飲した「桔梗ヶ原メルロー」は、これまで飲んだ赤ワインの中で、最も美味だった。何と深みがある味だろうと衝撃を受けた。くらむぼんワインの甲州とマスカットベイリーAは、実に洗練されていた。

いつの間に日本のワインは変わったのだろうか。その答えが、実話を映画化した『ウスケボーイズ』(10月20日公開)にある。ちなみに、「国産ワイン」と「日本ワイン」はイコールではない。日本ワインとは、国産ブドウを100%使い、国内で製造されたワイン。日本のワインとか、国産ワインと呼ばれているものは、海外から輸入したブドウや濃縮果汁を使って国内で製造したワインである。「日本ワイン」の表示が法律として施行されるのは今年の10月から。つまり、この映画は施行のタイミングで公開され、「日本ワインとは何か」という問いに対する答えにもなっている。

いつの時代の話か、映画の中では明確に示されていないが、おそらく2000年から2003年ごろの物語だろう。「ワイン友の会」のメンバーである山梨大学の大学院生たちが、日本のワインとフランスのワインをブラインドテイスティングする。30年前の私のように、当然、フランスのワインの方が遥かに美味しいと思っていた彼らは衝撃を受ける。フランスを凌ぐ日本のワインがあったからだ。それが「桔梗ヶ原メルロー」。私がシャトー・メルシャンで飲んで驚いたワインだった。彼らはこのメルローを産んだ麻井宇介に会い、そのワイン造りの思想に感銘を受ける。そして、日本の土壌では困難と言われたワイン用ブドウの栽培に取り組んでいく。渡辺大が演じる主人公は、会社を辞め、ブドウ畑を借りるところからワイン造りを始める。他にも、実家のブドウ農家で栽培を始める者や、見合いでブドウ農家の娘と結婚して始める者など様々だが、情報を共有しながら、それぞれのやり方で日本ワインを産みだしていく。麻井宇介に影響を受けた造り手たちだから、「ウスケボーイズ」。彼らが日本のワインを変えたのである。

麻井宇介はペンネームで、本名は浅井昭吾。シャトー・メルシャンの工場長やワイン事業部長だった人物だ。長野県の桔梗ヶ原で生食用のブドウをワイン用のメルローへ植え替え、桔梗ヶ原メルローを産んだ。2002年に死去しており、その場面は映画にも出てくる。映画には、シャトー・メルシャンやくらむぼんワインなど、昨年、私が巡った場所も登場する。

くらむぼんワインにお伺いした時、社長の野沢たかひこさんに話を聞いた。4代目社長の野沢さんはフランスでワイン造りを学び、甘口から辛口へ、それまで自社で造っていたワインを大きく変えた。同じ世代の造り手たちで情報交換しながら新たなワイン造りに取り組んだと話していた。映画の中の若者たちと同じだった。まるで、野沢さんの話が映画になったようだ。野沢さんが言っていた「日本の気候風土をワインで表現したい」という言葉も、浅井宇介の思想を受け継いでいるように思った。ただ、野沢さんは映画に登場するウスケボーイズではない。モデルになっているのは、山梨県北杜市のボー・ペイサージュ、長野県塩尻市のKidoワイナリー、長野県小布施市の小布施ワイナリーを経営している3人である。これらのワイナリーは人気があり過ぎて今もワインを入手しにくいが、映画が公開されるとさらに入手困難になるかもしれない。

映画に登場する造り手たち以外にも、日本全国で同じように新たなワイン造りに取り組んだ若者たちがいたのだろう。それは、日本酒の世界も同じだ。人類史上最高と思われる今の日本酒の品質も、これまでの日本酒造りを変えようとした若者たちによって生まれたのだと思う。

私がよく飲む日本ワインは、山形県の蔵王ウッディファーム&ワイナリーのメルローである。山形にお住まいのボタニカルアートの画家、杉崎紀世彦さんと文子さん夫妻に送ってもらい、実に美味しかったので、その後、メルローを飲み続けている。桔梗ヶ丘メルローのように高価ではない。日本のワインは美味しくないと思う人には、このメルローをぜひ、飲んでみて欲しい。

 

 

 

 

リーデルのワイングラスとペンフォールズ・ビン407・カベルネ・ソーヴィニヨン

グラスを変えるとワインが変わる、というのがリーデルの謳い文句である。そのリーデルの通販で、ワイングラスを買った。エクストリームのバリューパックで、カベルネ・ソーヴィニヨン、ピノ・ノワール、リースリング、それぞれ専用のグラスが2脚ずつで1万円。ついでに純米酒専用のグラスも2脚、購入した。

届いた日に、さっそく赤ワインを飲んでみた。オーストラリアのペンフォールズ・ビン407・カベルネ・ソーヴィニヨンである。

カベルネ・ソーヴィニヨン用はボルドー型の一種。今までもボルドー型のワイングラスを使っていたが、大きいのでやはり香りの立ち方が違う。グラスを変えるとワインが変わるというのは、間違ってはいい。ブラックベリーやストロベリーのような甘い香りがふわっとふくよかに漂う。口に含むと、いくつかのベリー系果実の甘味が重なり合って広がり、その奥には杉や樫の樽の香り、カカオのような味。そして、複雑な渋み。余韻が深くて、実に美味しい。ひと口ひと口、じっくりと味わいたい高級な赤ワインである。

赤ワインにはやはり肉が合うので、もとぶ牛のランプをステーキにして食べた。ノルマンディー産のクローデルカマンベール、たいめいけんのポテトサラダや海老とブロッコリーのタルタルサラダを付け合せにし、最後はアラビア―タとボロネーゼの2種類のパスタ。

リーデルのグラスはワインを飲むにはとてもいいが、洗うのが難しい。普通のスポンジではグラスの奥まで届かないので、専用のスポンジが必要になる。グラスを拭くにも専用のファイバークロスを買わねばならなかった。手入れはなかなか大変だ。

オチャガビアのシャルドネとマトゥアのピノ・ノワール

今回はチリのシャルドネと、ニュージーランドのピノ・ノワールを飲んだ。シャルドネは、オチャガビア 1851 レゼルヴァ 2015、ピノ・ノワールはマトゥア ランド・アンド・レジェンド 2015である。

 

 

 

白い料理には白ワイン、赤い料理には赤ワインという、佐藤洋美先生の教えを守り、まず、ポテトのクリームグラタン、三色野菜のフロマージュテリーヌ、本ずわいがにのシーフードサラダという白い料理には、シャルドネを合わせる。香りはマンゴーやパイナップル。おだやかな酸味があり、後口にやや苦み。この苦みは柑橘系の苦みだろうか。ミネラル感もあった。マヨネーズ味のシーフードサラダと合わせるとパイナップルのような甘味を強く感じ、ポテトのクリームグラタンと合わせると苦みが出てくる。これは面白い。合わせる食べ物によって、ワインの味が変わっていく。

牛ほほ肉のシチューには赤ワインを合わせる。ピノ・ノワールは甘いイチゴの香り。シルキーな舌触りに、甘く濃厚なイチゴの味がする。そして徐々に若干の渋みを感じるようになる。これは樽の風味なのか。

もちろん、細かいところまでは分からないが、ピノ・ノワールやシャルドネ、ソーヴィニヨン・ブランの特徴的な味は、何となく分かるような気がしてきた。ただ飲んでいるだけでは分からない香りや味が分かってくる。やはりワインの初心者講座を受けて良かったと思った。

『肉体の悪魔』と1905年のポマール

DVDでクロード・オータン=ララの『肉体の悪魔』を見た。ジェラール・フィリップが有名になった、1947年のモノクロのフランス映画だ。この作品には、赤ワインを巡る印象的な場面がある。

舞台は1917年、第一次世界大戦が終わろうとしているフランス。17歳の高校生、フランソワは、高校に臨時に設けられた病院の新人看護婦マルトに恋をする。マルトは年上で、軍人の婚約者もいたが、フランソワは諦めない。強引に言い寄って、2人でレストランに入る。そこで、1905年のポマールを注文する。

ポマールはブルゴーニュの村の名前であり、ブルゴーニュを代表する赤ワインの名前である。ブルゴーニュなので、ピノ・ノワール。1905年の赤ワインは17年時点では、12年ほど熟成されている。それほど安くはないと思われる。もちろん、高校生のフランソワには金がないので、マルトが払ったのだろう。

マルトはワインがコルク臭いとフランソワにウソを言い、分からないのかと挑発する。フランソワはそれがウソであることを感じつつ、ソムリエに文句を言う。ソムリエは自分で飲んでみて、さらに同僚にも飲ませて、問題はないと主張するが、フランソワは納得しない。

ワインがコルク臭くなる現象はブショネといい、高級ワインの1割近くに起こるという。だが、よほど自信がないとクレームはつけにくいだろう。結局、ソムリエは認めなかったが、支配人が出てきてワインを替えるように指示して決着する。

この場面はなかなかよく考えられている。自分の感覚というのは、他人とは絶対に共有できない。マルトはその共有できない感覚をフランソワに共有するよう、強要したのである。しかも、ウソの感覚だ。それをフランソワは、ウソと知りつつ、あえて受け入れる。それはエロティックなゲームであり、2人だけの秘密でもある。この映画のテーマである不倫の恋とも結びつき、2人が関係を深めるきっかけとしては、とてもうまい。

その後、2人はいったんは別れ、マルトは軍人と結婚する。だが、再会した2人は肉体関係を持ってしまい、やがてマルトは妊娠してしまう。17歳の少年と年上の既婚者の肉体関係は、今では犯罪になりかねないが、映画は2人の恋と肉欲を美しく、官能的に描く。戦時下という特殊な状況で、年下の男の身勝手さに苦しみながら別れられない女性を、シュリーヌ・プレールが繊細に演じている。

2人が初めて肉体関係を持つ場面に出て来る、グロッグという酒も印象的だ。フランソワはマルトの家まで、雨の中をずぶ濡れになってやって来る。マルトはフランソワの冷えた身体を温めるため、グロッグを作る。ラム酒をお湯で割り、レモンや角砂糖を入れて、シナモンスティックなどを添えたホット・カクテルだ。「グロッキー」の語源は、このグロッグで酩酊した人のことだという。

マトゥア ランド・アンド・レジェンド・シャルドネ

佐藤洋美先生のワイン入門講座で、ソーヴィニヨン・ブランとシャルドネの特徴について教えてもらった。ソーヴィニヨン・ブランについては干し草の香りやグレープフルーツのような味がよく分かったので、今度はシャルドネを飲んでみた。

マトゥア ランド・アンド・レジェンド・シャルドネ2015は、ニュージーランドの白ワインである。 ハンドピッキング(手摘み)。フレンチオーク樽で、9か月間熟成されている。

色は薄い黄緑色。グレープフルーツ、青りんごのような香りだが、空気と触れると樽香が前に出てくる。最初にかすかに花の蜜のような甘味を感じるが、シルキーな舌触りとともに、レモンやグレープフルーツのようなシャープな酸味、ミネラル感があり、後味にオーク香と苦み。苦みといっても、雑味のような厭な味ではない。全体的には複雑だが爽やかで、実に美味しい。

シャルドネは、涼しいところは酸味がシャープで柑橘系の香りがし、ミネラル感があり、温暖なところではまろやかでトロピカルフルーツのような香りがすると習った。マトゥアはニュージーランドなので温暖なところだと思うが、味や香りは「涼しいところ」の特徴に近い。樽熟成のものはバニラやナッツの味がすると聞いたが、そういわれればそんな気もしてくる。柑橘系の酸味ばかりを意識していたが、よく味わうと、確かにナッツみたいな風味や、クリーミーな感じもしてくる。やはり言葉を習うと、味に対する感覚も違ってくるようだ。オーク香と苦みが、ナッツの風味やクリーミーな感じに変換されたのかもしれない。

ワインと一緒に食べたのは、四元豚のシルキーポークのハーブロースト、白身魚のカニクリーム包み黄金焼き、サンドウィッチ2種(オムレツタマゴ、サーモントラウト&クリームチーズ柚子風味)、クルミとクリームチーズのポテトサラダ。池袋西武の惣菜売り場で買ったが、一番美味しかったのはポテトサラダだった。

 

ヴィーニャ・カサ・シルヴァ ソーヴィニヨン・ブラン グリ

ソーヴィニヨン・ブランの香りは、干し草と言われている。日本人の私には、青畳のように思える。

ワインの「入門レッスン」を受けた日の夜、さっそくカヴェルネ・ソーヴィニヨンの香りと味を試してみた。チリのヴィーニャ・カサ・シルヴァ ソーヴィニヨン・ブラン ソーヴィニヨン・グリは、ソーヴィニヨン・ブランと、その一種であるソーヴィニヨン・グリで造られている。有機栽培法で、手摘みらしい。

「グリ」はフランス語で灰色、鼠色。灰色ぶどうは、「ピンク色」などと言われるので、ピンクなのか灰色なのか、よくわからなくなるが、陽があたるとピンク色、日陰では灰色に見える。ソーヴィニヨン・グリは重厚さを与えるといわれているが、それがどういうことなのかはよく分からない。

最初は、青りんごやマスカットみたいな香りだと思ったが、何か、ちょっと違う。ワインの講座で「干し草」だと教えられたので、ああこれか、と思うと、不思議に香りが違って感じられ、その後は青畳の香りにしか思えなくなってくる。感覚は、言葉を与えられないとはっきりしてこない。テイスティングの歴史が長いワインの世界では、言葉がきちっと決まっていて、こちらの感覚をそこに合わせなければ理解できないところがある。

味はグレープフルーツ、そして青りんご。爽やかな酸味。後味に少し引っ掛かりがある。リンゴの蜜と、柑橘類のかすかな苦み。白コショウのような後味も感じたが、「白コショウ」という言葉でいいのだろうか。自信はない。何か別の言葉が与えられたら、また違ったふうに思えてくるかもしれない。

「超初心者向け・ワインの基本が分かる入門レッスン」

千葉県柏市で開かれた「超初心者向け・ワインの基本が分かる入門レッスン」に参加した。少しは知識があった方が、ワインが美味しく感じられるかもしれないという、軽い気持ちからだった。「ストアカ」で探すと、ワインの講座はたくさん見つかった。当初はもっと早く、恵比寿で受講する予定だった(恵比寿のレストランも予約していた)が、台風で中止になってしまった。結果的には、地元の柏で受けることができて良かった。会場も、とても眺めがよくて気持ちのいい場所だった。

講師は佐藤洋美先生。超初心者向けなので、ワインとは何か、というところから学ぶ。とてもわかりやすく教えていただいた。

皮の白い白ぶどうが白ワインになる。白ワインは最初に果汁を搾って、果汁を発酵させる。皮の黒い黒ぶどうが赤ワイン。こちらはぶどうを発酵させ、後で皮と種を取り除く。他に灰色ぶどうがある。灰色と言いながら、皮の色はピンクに見える。太陽の光が当たればピンクだが、日陰では灰色に見えるようだ。

ワインはぶどうをそのまま発酵させたもの(単発酵)なので、同じ醸造酒でも、平行複発酵の日本酒に比べ、わかりやすいと言えばわかりやすい。ぶどうの味がほぼそのままワインの味となるからだ。

とりあえずは、白、赤、それぞれ2種類ずつ、ぶどうの特徴を教えてもらう。

白はシャルドネとソーヴィニヨン・ブラン。

シャルドネは個性がなく変幻自在。涼しい場所のシャルドネはキリッと酸味がシャープ。柑橘系の香りでミネラル感がある。温暖な地方のシャルドネはまろやかで、パイナップルやマンゴーなどのトロピカルフルーツの香り。樽で熟成させたシャルドネは、バニラやナッツの香りになる。

ソーヴィニヨン・ブランは、さわやかで酸味が豊か。青草やハーブ、グレープフルーツの香りがする。

赤はカベルネ・ソーヴィニヨンとピノ・ノワール。

カベルネ・ソーヴィニヨンは力強く濃密な味。色が濃く黒系果実(カシス、ブルーベリー)の香り。渋みが豊富で余韻も長い。

ピノ・ノワールは上品で軽やか。色が淡く赤系果実(チェリーや苺、アセロラなど)の香り。渋みが少なく酸味が豊か。

テイスティングでは、香りはどんなフルーツに近いかを考え、味は糖と酸味とアルコール(赤は渋みも)について考えればよいとのことだった。

白、赤、それぞれ1種類ずつ、テイスティングもした。白はシャルドネ。赤はカベルネ・ソーヴィニヨン。不思議なもので、言葉を与えられると、それによって味わいも変わってくる。ノートンのカベルネ・ソーヴィニヨンなどはよく飲む赤ワインだが、いつもよりカシスやブルーベリーの香り、力強さや渋み、余韻をはっきりと感じる。

全ての感覚がそうだが、味や香りという感覚も、他人と共有する方法がない。自分が感じているこの「味」を、他人も同じように感じているのかどうかは、分からない。それを同じように感じていると仮定して共有する方法として、言葉がある。だが、言葉と、今、自分が感じているこの感覚とは、常にずれがある。ずれた場合は、自分の感覚を言葉に合わせるしかない。一般的には、言葉は他人と共有するためにあるからだ。しかし、自分の感覚を言葉に合わせると、感覚自体が変化してしまう。そのことを、例えばワインの香りが分かってきたというように「進歩」としてとらえるべきなのか。それとも、自分の感覚を失いつつあるというふうに「後退」としてとらえるべきなのだろうか。

 

映画『華麗なる激情』とワイン

ミケランジェロは、ルネサンスを代表する芸術家の一人だ。上野の国立西洋美術館で開かれている彫刻展「ミケランジェロと理想の身体」に行く前に、ミケランジェロについて少し知っておこうと、映画『華麗なる激情』を見た。この映画の重要な場面に赤ワインが関わっている。これも一種の酒の映画だった。

ミケランジェロがバチカンのシスティーナ礼拝堂に描いた天井画の誕生物語である。1965年の作品で、監督は『第三の男』の名匠、キャロル・リード。ミケランジェロにふんするのは歴史大作には欠かせないスター、チャールトン・ヘストンだ。

ミケランジェロは、教皇ユリウス2世からシスティーナ礼拝堂に十二使徒を描くよう命じられるが、自分は彫刻家であって画家ではないと断ろうとする。しかし、教皇の権力で、仕方なく仕事をさせられる。少し描いて街へ出て、酒場で赤ワインを飲む。飲んですぐ吐き出してしまう。ワインがダメになっていたからだ。店主に文句を言うと、酒場の店主は自分も飲んでみて確認し、赤ワインの入った巨大な樽の栓を壊して、ワインを全て捨ててしまう。ダメなものは捨てるという、立派な店主だったのである。

これを見たミケランジェロは自分の仕事を反省し、それまで天井に描いていた画を壊して、全く違う画を新たに描き始める。その後、ユリウス2世とミケランジェロの反発と、奇妙な友情が描かれる。映画はワイドスクリーンを有効に使ったスケール感のある映像が素晴らしかった。戦闘場面や、街を埋め尽くす隊列など、スペクタクルに見応えがあった。ヘストンや、ユリウス2世を演じたレックス・ハリソンも映像のスケールに負けない存在感を見せている。

ワインの飲酒が娯楽として広まったのはルネサンス以降で、保存技術が向上したのは17世紀後半らしいので、その間の物語ということだろうか。恐らく史実とは違うのだろうが、映画の中の話とはいえ、ダメになった赤ワインからシスティーナ礼拝堂の天井画を生み出したミケランジェロは、さすがである。ムダに酒を飲んでいない。

夏のワイン「ステマッリ グリッロ」

夏のワインとしておすすめなのが、シチリアのステマッリ グリッロ。

20年ほど前の夏、イタリアを縦断して旅行した。ベネチア、ボローニャ、ローマ、ナポリと北から下り、最後はシチリアだった。それまでの地方は、赤ワインばかりだったが、シチリアだけは白ワインが主流で、どの店も赤はほとんど置いていなかった。シチリアは島なので、食事は魚介類が中心だ。赤ワインは合わないのである。

そのシチリアで最もポピュラーな白ワインのブドウがグリッロだった。シャルドネやシャブリ、リースリングのような複雑さ、奥深さはない。どちらかというと単調な味だが、今のような暑い夏にはぴったりだ。レモンのような酸味が強くて爽やかなのである。

「ステマッリ グリッロ 2017」は、グリッロの味がよく表現されている。香りは花のような華やかさがあり、飲むとレモンのような酸味の中に、花の蜜のような甘い味を感じる。冷やしている時は酸味が強く感じられ、時間がたって室温に近くなると、より甘さを感じるようになるが、基本的には爽やかな味である。

私にとっては、夏のシチリアの思い出が、このグリッロの独特の味だ。

日本橋三越の「レブレ」で、チーズソースとベーコンの鶏肉巻き、キッシュロレーヌ、蟹クリーム入り白身魚のオーブン焼き、ヤンソンの誘惑を買って帰り、グリッロと一緒に食べた。ヤンソンの誘惑とは、スウェーデンの伝統的家庭料理で、いわばポテトグラタンである。グラタン・ド・フィノアともほぼ同じ。ベジタリアンのヤンソン氏が誘惑に負けて食べたので、この名が付いているらしい。

ボルドー「ムートン・カデ」

先日、映画「おかえり、ブルゴーニュへ」を見てブルゴーニュのワインを飲んだら、今度はボルドーが飲みたくなった。

ブルゴーニュが1種類のブドウ(赤の場合はほぼピノ・ノワール)だけで造るモノセパージュなのに対し、ボルドーは数種類のブドウを使うアッサンブラージュ。バロン・フィリップス・ロスチャイルドのムートン・カデ・ルージュ2015は18か月熟成させたメルローが主体で8割、カベルネ・ソーヴィニョンが1割強とカベルネ・フラン1割弱をアッサンブラージュしたもの。

香りが実に華やか。カシス、ベリーの香りがふわーっと漂ってくる。口当たりはまろやか。だが次にはしかりとした果実味、スパイス、酸味がやってくる。複雑だけれど秩序だっているところがボルドーのまとまりの良さだと思う。一緒にやってこないで、ちゃんと順番を待ってやってくる。余韻はあるけれどくどくならないバランス感覚はさすが。

ブルーチーズ、蟹クリームコロッケ、ビーフステーキと飲む。食事ととても合わせやすい赤ワインだと思う。

日本酒ではアッサンブラージュよりも「山田錦100%」のようにモノセパージュの方が高級とされているように思う。ワインについてはよく知らないので何となくだが、モノセパージュの方がアッサンブラージュより高級とされている感じはある。それでもボルドーのアッサンブラージュだけは別だろう。ワインにとって、ボルドーは特別な場所である。私はピノ・ノワールのモノセパージュより、メルロー主体のアッサンブラージュの方が好き。葡萄の味がほぼそのまま反映されるワインとは違って、日本酒は酵母や製法によってかなり味は変わってくるので、同じにはできないが、酒米のアッサンブラージュによる可能性というのはもっとあるのかもしれない。