マルキ水産で杜氏鑑、加茂鶴、吉野杉の樽酒

北柏にある「マルキ水産」で杜氏館、加茂鶴、吉野杉の樽酒を飲んだ。

ここは6月にオープンした店で、刺身、串カツ、鮨が食べられる。近所なので時々行く。店内はファミリーレストランみたいな感じで、ひとつひとつの席が離れているし、注文はタッチパネルのタブレットなので、一人でも周囲を気にせずゆっくりとできる。

まずはザ・プレミアムモルツの生ビールを飲、串カツは鶉、豚バラ、笹身、鱚、牡蠣。平目刺身と鮭の焼きハラスも食べた。

杜氏鑑は徳利で出てきた。灘の白鶴酒造の酒で、山田錦を100%使っているが、アルコール添加の普通酒である。精米歩合は70%、日本酒度+2、酸度1・4、アルコール度15~16%。やや黄色がかった色で、米の甘味や旨味、酸味、いろんな味があって複雑。コクもある。ピリピリとしたアルコールの刺激と辛みも感じた。アルコール添加の普通酒は好まれない向きもあるが、どんな料理にも合う酒である。

西条の加茂鶴酒造の加茂鶴純米吟醸は、広島の酒らしい濃醇さ。精米歩合は55%、日本酒度+4、酸度1・8、アルコール度数16度。香りはあまり感じなかったが、薄いレモンの香りだろうか。米の旨味と酸味が濃厚だった。

奈良の長龍酒造の吉野杉の樽酒は、かなり個性が強い。精米歩合70%、日本酒度は0、酸度は1・2、アルコール度数は15~16度である。「樹齢約80年の吉野杉甲付樽に肌添え」させているという。甲付とは、杉の外側が白く内側が赤い部分を使った樽のことらしい。肌添えとは初めて聞く言葉だが、樽に入れて熟成させることなのだろう。長龍酒造は1964年に日本で初めて、瓶詰の樽酒を発売したという。杉の香り、樽の味がはっきりと感じられる。コクと苦みもあって、キレもいい。

〆にはすぐ隣のラーメン店「のじじR」で煮干中華そば(ノーマル)を食べた。マルキ水産で酒を飲み、のじじRで〆のラーメンを食べるというのを、一度、やってみたかった。「カニ歩き」である。のじじRは柏・我孫子地区で最高のラーメン店だと思う。煮干中華そばは煮干しの味の強さでイージー、ノーマル、ハード、エクストラハードなどとあるが、私はノーマルが好きだ。

六本木「ちゃ路」

六本木を2人で歩いて、居酒屋を探した。何となく入ったのが「ちゃ路」だった。ごく普通の居酒屋だと思ったが、実にいい日本酒が揃っていた。

山口五橋fiveグリーン純米生原酒、みむろ杉(おそらく、特別純米辛口だと思うが、よく見ていなかった)、富久長ひやおろし秋桜純米吟醸、山本純米吟醸ドキドキ。

五橋は岩国の酒井酒造。生原酒っぽい旨味、甘味、やわらかさがあり、濃い味で酸は抑えめ。精米歩合70%。アルコール分16度。生原酒の良さがよく出ているように思う。

みむろ杉はすっきり、キレがいい。後口が爽やかで、辛みもあり、とてもあっさりしている。奈良県桜井市の今西酒造だ。

富久長は、契約栽培の八反草で有名な東広島市の今田酒造本店。「秋桜」は瓶火入れで10か月の瓶貯蔵らしい。米は八反錦などを使い、精米歩合60%。アルコール度数は16度。甘味は抑え気味で味が本当にまとまっている。すっきりとして、キレもある。

山本はとても個性的な味。最初に米の味はあるが、すぐにレモン水みたいな味になる。途中からはもう、レモン水そのものである。秋田県の山本合名。秋田県産酒こまち、精米歩合麹米50%、掛け米55%。日本酒度+2。酸度12・3。アルコール度数14度。リンゴ酸を多く生成する特殊な酵母を使っているらしい。リンゴ酸をレモン水みたいな味に感じたのだろう。夏らしく爽やかで、かつ面白い味だ。

お通しは玉子焼き。新秋刀魚塩焼き、シマアジ刺身、焼き餃子、蟹クリームコロッケ、神威豚肩ロース焼きを注文した。料理も美味しかった。

その後、柏で降りて、AKEBIへ寄ってしまった。AKEBIは柏、我孫子エリアでは、のじじRと並んで最も好きなラーメン店。醤油味の中華蕎麦では全国で見てもかなりの高レベルだと思う。中華蕎麦の醤油を食べた。煮干中華蕎麦もあり、もう1人が注文した。この煮干らーめんは煮干の味はよく出ているけれど、ガツンとくるようなものではなく、とても優しい味だった。