「ゐまる」にて不動の吊るし、W、日高見など

柏の「ゐまる」は人に知られたくない店だ。いい酒が揃っていて、料理も美味しい。最後に赤酢の酢飯の鮨を食べて、それほど高くない。柏には「まる酒(しゅ)」という日本酒居酒屋もあり、こちらもいい日本酒を揃えている。柏の「まる」は素晴らしい。

久しぶりに2人で「ゐまる」に行った。カウンターとテーブルがあるが、カウンターだとメニューにはない美味しいお酒をご主人に教えてもらえるので、カウンターに座る。

まずはサッポロラガーの瓶ビール。お通しは鰺の梅肉紫蘇巻きだった。「新さんまの骨まで食べられるスーパー塩焼き肝ソース」は、身の部分は塩焼きで、さんまの顔や骨の部分はカリっと揚げてあって、本当に全部、食べられる。そのままでも香ばしくて実に旨いが、肝ソースをつけると濃厚な魚の旨味が味わえる。こんなさんまは食べたことがない。秋かますの炙り刺身梅肉添えは、かますの生臭さはまったくなく、刺身の新鮮さも残っている。炙りの香ばしさもあって、これも美味しい。なめ茸と焼き油揚げは混ぜて食べると濃い味で、酒肴としては最高だ。いぶりがっことクリームチーズの塩昆布和えは、クリームチーズと塩昆布、いぶりがっこという組み合わせが見事。最後に鮨。本日のいいとこどり7貫は、イクラご飯、雲丹、中トロ、〆鯖、平目、赤貝、トロたたきだったと思う。酔ってしまったので赤貝、トロたたきのあたりはあやふやだ。鮨はどれも醤油を付けずにいただく。小ぶりで、一口で食べられるのがいい。赤酢の酢飯がネタの味と相まって、実に美味しい。ひとつひとつの料理や鮨に工夫があり、感動があった。

酒は半合ずつ頼める。まずはメニューにあるものから。新潟市の越後亀鶴(越後鶴亀)はメロンのような香りと味。とてもきれいな酒。「エチゴビール」はここの商品らしい。千葉の不動つるししぼり純米大吟醸(鍋店)は乳酸の柔らかい酸味と旨味が広がる。余韻が長い。飛騨・古川のW生原酒純米(渡辺酒造店)は甘味と余韻が特徴的でエレガント。石巻の日高見助六江戸桜純米大吟醸(平孝酒造)は甘めだがあっさりとしている。助六江戸桜はカジュアルな日本酒を目指して作ったそうだが、なるほどと思った。「上きげん」で有名な加賀の鹿野酒造が造った益荒男山廃純米極熟成原酒にはウイスキーのようなコクがあった。熟成感はもちろん、苦みも深みもある。

そしてご主人のお勧めで燗酒を2種類。岐阜県・中島醸造の小左衛門山廃純米酒は焼いたパンのような香り。まろやかな乳酸の酸味と旨味があってとてもふくよか。百十郎も岐阜の酒だ。蔵元林本店である。かなり酸味あって、これも乳酸系だろうか。これからの季節は燗もいい。

カフェ風の蕎麦屋で鯨波と小野桜ふかもり

夏の谷中を午後4時ごろ、2人で歩いていた。昼も食べていないし、何か食べて、酒も飲みたい。かなり早めだが夕食にしたい。そう思ったが、当然ながら、そんな時間に開いている居酒屋はない。うだるような暑さの中、谷中銀座から千駄木まで歩いて、さらに根津まで歩いたが、どの店も午後5時半以降のオープンだった。そして歩き続けて、ついにカフェ風の店構えだが、開いている蕎麦屋を見つけた。店名は「カワイ」。店の前のメニューを見ると、日本酒もあるし、一通りの蕎麦屋のつまみも書いてある。

午後4時半ごろの入店。当然、他の客はいない。店内は外観と同じく、蕎麦屋というより、カフェである。まずは生ビール。喉が渇いていたので、実にうまい。クリームチーズの醤油漬け本わさび添えと、炙り鴨の生ハム焼き葱のマリネ添えを注文する。クリームチーズは自家製のかえしに漬けてあり、焼き葱はバルサミコドレッシングでマリネしてある。上品にひと工夫してある。

日本酒は2種類しか置いていない。鯨波純米吟醸と、小野桜ふかもり特別純米生酒。どちらも岐阜県中津川市の酒である。

鯨波は恵那醸造。ひだほまれ100%で、精米歩合は大吟醸と同じ50%まで磨いている。アルコール度数は16~17度とやや高め。香りはフルーティー。米の甘みと旨味を感じるが、キレもある。酸味は少なめだ。小野桜は山内酒造場。精米歩合55%、アルコール度数15~16%。こちらはあっさり、爽やかで飲みやすい。米の旨味もあるが、後味はすっきりとしている。

2人でそれぞれ2合ずつ飲んだ。一升瓶からとっくりになみなみと入れてくれる。さらに焼き味噌、蕎麦豆腐を頼んだ。焼き味噌は葱や蕎麦米、くるみが練り込んであり、何とも香ばしい。蕎麦豆腐も蕎麦の実の食感が美味しかった。〆は鴨つけせいろ蕎麦と、つけとろせいろ蕎麦。もうかなり酔っていたが、蕎麦の味と香りがきちんとして、実に美味しかった。

まだ陽の高いうちからこれほどレベルの高い酒と肴が楽しめるのは、本当に貴重な店だ。