原宿「sora an」

原宿の竹下通りは大人の行く所ではないというイメージがある。通りがいつも人で埋まっている。満員電車のようで居心地が悪い。だが、横道を入ってすぐの通りは、ウソのように落ち着いている。「ブラームスの小径」という名前は趣味がよくないが、蕎麦の「sora an」や中華の「はしづめ」のようないい店が並んでいる。

水曜日の午後6時すぎ、2人で「原宿 sora an(素楽庵)」へ入った。本来、水曜は定休日だが、この日は予約が2件入ったので開けたという。運が良かった。

蕎麦と豚しゃぶがメインだが、お店はカフェ風。最近はこういう店が多い。最初にハートランドビールの中瓶を飲んで、日本酒。福島・会津喜多方の大和川酒造の弥右衛門純米辛口、山形県酒田市・麓井酒造の麓井、青森県弘前市・三浦酒造のモヒカン娘純米、山形県酒田市・酒田酒造の上喜元「こぶし」超辛口特別純米を1合ずつ飲んだ。

弥右衛門は夢の香という酒米を使い、精米歩合は60%。やわらかい甘みと酸味を感じるが、キレもある。後味にほのかな苦み。麓井は瓶を見なかったが、純米本辛だと思う。吟醸香は感じなかったし、やさしい味で、あっさりとしてコクはないが余韻はあった。モヒカン娘は昔、良く飲んだ。優しく穏やかな酒で、酸味はあるけれどまろやかで、後味も爽やか。「こぶし」は日本酒度+10でスパッとしたキレがある。

お通しはエリンギ、オクラ、レンコン。ぶりトロの刺し身、手造り寄せ豆腐、三元豚のメンチカツ、三元豚の無添加ソーセージ、干し山芋のサクサク焼きを食べて、〆は蕎麦。私は豚せいろを、もう1人は胡麻だれせいろを出してもらった。

居心地のよい場所で飲むと、酒もより美味しく感じる。もう少し暑さが和らいだら、ブラームスの小径に面したテラス席で飲みたい。テラス席が心地よい季節は、一年のうちでほんの数週間しかない。その貴重な時間を味わいたい。